FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

絵の具の話 - 2013.01.17(ポケットの窓から)

はる 4213
 今日は二回目の歯医者の予約。親知らずが段々伸びてきてグラグラしてきた。それをどうするか、いずれは抜いてしまうのだろうけれど、私がかかっているドクターは最後まで歯は抜かない主義のようだ。メンテにメンテを重ねて最後まで自分の歯を使い切るのが理想と考えているようだな、聞いたことはないのだけれど。

 それはいいのだけれど、今日はその周りの歯にも虫歯が見つかって大幅に削られてしまった。被せてあった金属の下がどうやら見えないことをいいことに徐々に蝕まれてしまったようだ。どんどん削られて私のオリジナルな歯は根本とまわり少しだけになってしまった。もう一回いって金属を被せて終了らしいけれど、歯は弱くなったものだ。

 帰りに画材店によって、久しぶりに絵の具を購入。絵の具といっても地塗り材のカラージェッソがほとんど。チューブ入りの普通の絵の具はここ最近ほとんど買ったことがない。好みの色は混ぜたり重ねたりすることで作るものだと思っている。三原色に白と黒があれば原則的にはすべての色が出来るはずだ。

 ミクストメディアに移行した頃は、そんな基本色さえ顔料から作っていた。色の粉とアクリルのジェルメジュームさえあれば絵の具は出来るのだが、水を混ぜるためにたくさん作って保存しておくとカビたり腐敗したりする。保存剤をかって混ぜたりしたのだが、それだと何のためにわざわざ自家製の絵の具を作っているのか意味がなくなってしまう。

 既成のカラージェッソの成分を調べると,私が使っている顔料とほぼ同じものが使われていることがわかった。長く保存したり耐久性や対光性、それから人体に対する影響などを考えると、基本の三原色は既成の絵の具を使うことにした。

 それ以外の例えば胡粉とか砥粉とか弁ガラとか金粉とか壁土、その他土製の顔料は他に代用する事が出来ないオリジナルな絵の具なので未だに自家製で作っている。夏場は腐敗するためにたくさんは作り置きはできない。基本的に冷蔵庫に保存している。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
小麦さん、本当ですか!それは素晴らしい。是非試してみたと思います。お金には縁がないので助かります。

唐突にすみません 
7neAi2ry
お金に困ってませんか?
どうしても紹介したいものがあるんです。
嘘みたいなホントの話。
ここ、マジで稼げちゃうんですよね…
http://30197x36.m.rrnpk.mobi/30197x36/

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて