FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

あれから40年 - 2013.01.13(ポケットの窓から)

はる 4209
 成人の日か。私が二十歳の頃は、とても成人をお祝いする雰囲気ではなかった。いや多くの人は今と同じように公の場で成人式をお祝いしていたのかもしれないが、何だろう私は皮肉れていたのか、お上から祝ってもらう義理もなしと、今から考えると何を突っ張っていたのか、妙に斜に構えていた。かといって、馬鹿騒ぎして鬱憤をはらすなどということもしなかったが。そんな事より、これからの人生どう生きたらいいのか、そのことのほうがもっと切実な悩み事ではあった。

 どこかでも書いたが、二十歳の誕生日にお袋から油絵の道具をプレゼントしてもらった。というのか何が欲しいと聞かれて、そう答えたのかもしれない。

 神戸大丸の通りをはさんだ向い側の画材店で、真新しい油絵のセットを買った。家に帰ってうきうきと道具を広げて、最初に書いたのが舞子の浜に建つ孫文の別荘移情角・通称六角堂であった。あれはどこにやったのか、記念すべき一作目の作品だ。かなりゴッホの教会の絵を意識したナイフで圧塗りした赤い絵だった。

 あれから40年経った。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて