fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

あと二日 - 2012.06.06(ポケットの窓から)

はる 3998
 京都の町屋は俗に言ううなぎの寝床のようで、縦に長い。何故そうなったかと言えば、昔お店の税金が間口の大きさできまったから、できるだけ間口を小さくして奥行きを長く取ったからだとか、京都の町並みがご存知のように碁盤の目のようになっていて、効率よくお店と住宅を並べるとそうなったとか、たぶんどちらの理由も当てはまるのだろう。

 京都に出かけてうらやましく思うのは、そういった町屋をうまくリメイクして小さなお店兼住宅になおして使っていることだ。その時にどこでも上手に使っているのが、例の小さな中庭で、とても立地条件がいいとは思われない環境なんだけれど、細長いある意味暗くて圧迫感のある空間を、吹き抜けの坪庭を配する事で、一気に解決している。実質的には明り取りだったりするのだろうけれど、そこに自然の雨や風が吹く庭をもってくることで、質と実、両方上手く解決させている。

 上は我が家の中庭だ。レンガを敷き詰めただけの何もない。洗濯物を干したりする実用的な庭でもある。以前は大きなにせあかしやの樹が庭全体をおおいかぶすように茂っていたのだが、春でもないのに突然狂ったように花を咲かせて枯れてしまった。どうもキノコに寄生されたのが原因らしい。私は野原に有るような大きな樹が傘をさした様にに小さな箱庭に茂っている風景は好きだったのだが、それにしてもこの庭には似つかわしくない大きな樹でバランスも悪かった。

 閑話休題
 もうすでに何度も告知しているのでご存知かと思うのですが、私の日々のコラムが数えて4000になります。それを記念してプレゼントを企画しています。私が最初に知らない人がいいなどと書いたものだから、常連さんが遠慮して応募をひかえているようです。後二日なのでそれも解禁してだれでもOKですよ。どしどし応募待っています。
ここにhttp://enami.sakura.ne.jp/mailform.htm
お名前とご住所を書いて送ってください。発表は発送をもってかえさせていただきます。
DSC00278.jpg 
「エレジー」
21x15cm


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4569)
未分類 (251)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (215)
作品 (585)
写真 (190)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (127)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (11)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて