FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今年の冬は暖かいなぁ - 2004.12.18(日記)
はる 1278
 今年の冬は暖かいなぁ。温暖化がとやかく言われるけれど、子供の頃と比べると確実に暖かくなっている気がする。昔と比べると暖房器具も進歩はしているのだろうけれど、それだけではない。

 人類が他の動物と違うのは第一に火が使えることだ。火が使えることで飛躍的に変わったのが食料だろう。火を通すことで生では食べることが出来ない硬い物や、雑菌を排除することが出来るようになった。それから暖房と明かりを得たことも大きいだろうな。

 人が一番最初に得た火は木を燃やすことでえたものだ。ギリシャの多くの都市国家が滅亡したのは人口が増えすぎてそれをまかなう燃料である山の木を切りすぎて、間接的に都市が荒廃してしまったということを聞いたことがある。

 考えてみると現代は都市の周りに森を持つ必要がない。それは石油という言ってみれば(化石の森)を使っているからで、現代の都市が森を必要としていないわけではない。昔より確実により多くの火を消費している。その森が消滅した時に古代の都市国家が滅亡したのと同じ事がおきるのだろう。

 何だかつまらん,話になった。ではまた。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて