FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

万物の理論 - 2012.05.07(you tube)


万物の理論
はる 3968
 こういった数学的な真理とか理論みたいなものはけっこう好きだな。よくは理解できないのだけれど、どういうことかと言えば無秩序に存在すると思われている様々なものが、実は何かしら原理と言うのか理があるってところが面白い。

 例えばこの素数っていう奴、この動画の話では最初に当然のごとく1,2,3・・と数が刻まれてゆくように語られているが、ふと考えてみるとこの数というのも実は人類が考えたものだ。だから素数と言う概念も違ったカウントのしかたならば案外規則正しい出方をするのかもしれない。

 よく考える事は偶然に起こったと考えられていること、例えば今ここに私が存在する事も含めて何かしらの法則というのか理があるはずなんだな。見た目には何の関係もないような、ただの数の羅列のようなランダムな数が、魔法のような係数を掛けると、なんとまぁ不思議な事にみごとに秩序だって見えてくるそんな魔法の暗号があるように思えて仕方がない。

 それで、ここでも語られているけれど、その魔法の係数は極小さな原子や電子の行動パターンから大きく言えば星や星雲の成り立ち、もっと言えばこの宇宙の成り立ちまで関係してくる、とんでもない魔法の係数なんだな。

 絵を描く時に意識することは、画面の中に閉じられた宇宙があることなんだな。どういうことかといえばこの宇宙が存在していると同じ魔法の暗号が、画面の中にもあるように描くということかな・・・・。

 眠くなったので、もう寝ます。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて