FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

La Vie en rose by Louis Armstrong - 2012.02.21(you tube)


La Vie en rose by Louis Armstrong

はる 3893
 兄弟五人が無事に還暦を過ぎる予定です。私はまだ誕生日が来ていませんので確実では有りませんが、ほぼそうなるでしょう。まぁ兄弟が五人並んで写真を撮っても私が一番年寄りに見えますから、奇妙なものですな。どこかで逆転してしまったようです。

 六十というのがどういった歳なのかといえば、ついこの間と思ったことが20年も30年も前の事だったということが多いですね。簡単に20年と言うけれど、生まれた子供が二十歳になってしまう時間ですから怖いです。

 大阪でバイトしていたと書いて、何年前かと考えたら40年前だった。これは凄い事です。今から40年経てば100を越えるわけだから、確実にこの世にはいません。そんなことを考えるとこれからの一日一日がとても大切だと改めて感じる。

 そろそろ今年度の授業も終わりに近づいて最後の授業と言うクラスもぼちぼち出てきた。あまり授業の感想など書いてもらうということはなかったのだけれど、今回少し時間があったので自由に書いてもらった。良かったとか悪かったとかそんな感想しか書けないのじゃないかと危惧していたのだけれど、意外にすなおに思ったことが書かれていたので、まぁ正直ほっとしたというのか、少しは役に立てたのかと安堵した。

 私はここではいい先生ぶって書いてはいるけれど、決していい先生ではない。当たり前だけれど、正規の教員を辞めて生活の為にやもなくパートタイムの効率のいい仕事としてこの仕事をこなしているだけで、生徒の為にと考えて仕事をしているわけではない。生きるための方便としてこの仕事を選んだわけだ。だからできるだけこの仕事の為に時間を割くことはなかったし、これからもしないだろう。時給以外に生徒と付き合うこともしない。まことにもって身勝手な先生だ。

 しかし、こんな先生でもそこに何かを感じて「何かしら少し高められたような気がする」言う最高の感想をもらえて今日は気分がよかった。少しは心に火をつけられたのかな。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて