FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

若い人たち - 2012.01.13(ポケットの窓から)


日本キルギス国際作家交流展
時空を越えて2012

山梨県立美術館
2012 1/11~1/17
はる 3854
 最近知り合いになる人たちというのが同じ世代の人ではなくて、私に子供がいればそのぐらいではないかという若い人たちがわりと多い。これからちょうど30代になるかどうかそんなところかな。上の展覧会の案内も最近知り合った若い人たちで、青年海外協力隊という若い人たちの世界的な文化交流の橋渡しをやっている人たちだ。東アジアの例のアフガニスタンあたりの高原で祖先は遊牧の民なんだろうな、そんな匂いのする展覧会だった。

 彼女や彼らの世代が帰国したり帰郷して、やがて結婚して子供ができて家族が大きくなってゆく訳だ。世界的な視野にたって、これからこの町に住んで何とか楽しく生きてゆこうとした時にどうも何か今ひとつ乗ってこない、冷え冷えとした寂しさというのは感じるのであれば悲しいね。まぁ少しでも協力してできる事をやって楽しく生きてゆければいいなと老婆心ながら思うわけだ。

 もう今までのような価値観で生きては行けない。生きてはいけない。一人一人がしっかり物差しを持って自分の目で見て感じて判断する、みんなが言ってる事は、やっている事は疑った方がいいということだな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて