FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

独占が保身を生む - 2012.01.12(原発)

はる 3853
 二日ほど前にDM発送しました。まだ着かないという人は何かのトラブルで名簿から漏れてしまったようです。是非ほしいという方はまだ若干DMが残っています。こちらに
http://enami.sakura.ne.jp/mailform.htm  
お手数ですが、住所と名前を書いて送ってくださいませ。

 この間小出さんの講演で気がついたことなんだけれど、電気というのはほとんど何も考えず、というのか考える余地も無く、選択する余地も無く、あてがいぶちにその地域の電力会社を利用している。他にないのだから仕方ない。半分公共のものというイメージがあるけれど、実はそうではなくて民間の会社だったんだな。

 民間であるなら、当然利潤を追求するというのが会社の根本的なあり方だわな。なんだかんだと言ってエコだ節電などと言ってはいるけれど、基本的に節電すれば利益が減るわけで、そんな事を企業が提唱するわけがない。

 兎に角どんどん湯水のごとく使ってもらう、オール電化にして冬も夏も変らなく電気を使ってもらう、そのためには役人や政治家を抱きこんでそれが当たり前のように、独占を許してもらっていたわけだ。原発が無ければ停電するぞなどと脅されながら、それじゃ仕方がないなぁと諦めかけていた。

 本当はもっと早くに解体して、我々が複数の方法を選択できるようにするべきだったんだな。どういうことかといえば、最近になってやっと少しは太陽光発電で生じた電気を反対に電力会社が買うということを始めたけれど、そういうことを国が自治体が援助金でも出して、もっと積極的に提唱しすれば色んな電気の供給の方法も出てくるのだろうな。

 何でも独占されたところにはその既得権を守ろうとする、保身にはしる人間の浅はかなところが出てきて、やがては今回のように「安全神話」みたいなものを勝手にでっち上げて、疑うと言う事さえ無くしてしまう。そんな恐ろしい風潮というのか世論を作ってしまうのだな。これはまぁ誰にでもある悲しい性だな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて