FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

聖と俗 - 2011.12.25(未分類)
seijyo.jpg 

2011
聖なるもの
はる 3834
 ルオーのような板絵を描きたいと思った。何回も何度も塗り重ねた絵の具やら、壁土を一度水をぶっ掛けて洗い流した。こうする事で私が描いたという形跡がかなり消えてしまう。描いたというより残ったと言った方が正確かもしれない。

 「聖なるもの」などというタイトルをつけたが、果たしてそれがぴったりとあったものかどうか分らない。描き始めはそうだなイコンのような祈りの対象としての板絵のようなものと考えていた。しばらく描いていたのだが、どうも思っていたものと違ってきて一年ぐらい放っぽっていた。で、最近気がついてまた続きを描き始めた。何とか仕上がらないかな・・。

 「聖なる」というタイトルの騙されてはいけない。こういうタイトルをつけること自体が通俗であることを物語っている。聖なる御仁は「聖なるもの」などというタイトルはつけない。「聖なるもの」に憧れるからこんなタイトルをつけるわけで、大体が真反対だと思った方がいい。言葉そのままを鵜呑みにするととんでもないことになる。

 そう大体良いだけの人間などいない。善だけの人間など信じない。悪意や不善を行うから、そんな人間だから「聖なるもの」「おおいなるもの」に祈りを捧げるのだ。良いだけの人間なら宗教などいらない。神などいらない。反対に悪意だけの人間もいないんだな。善も悪も同じだけ持っているのが人間だ。

 これも感受性の問題な。同じ事をやっても悪意に取るか善意に取るか、結局その本人の度量しだいだな。
 


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて