FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

書くことで気付くこと - 2011.12.10(ポケットの窓から)

はる 3821
 インターネットとかHPとかブログとかいいかたは色々あるけれど、PCと関係のない生活をしている人にとっては全く意味のない話だな。私はたまたまPCを触る事が出来るぎりぎりの世代だったのかもしれないな。まぁ仕事で使わなきゃ積極的には使えないだろうな。見るだけなら見ることは出来るけれど使ったということにならない。

 HPも一時は猫も杓子もこぞって立ち上げたけれど、今はどうなんだろう充分に活用されているとは言いがたいのじゃないかな。特に自分で更新されない、人にお任せしたページほど訪れるひとは少ないのじゃないだろうか。まぁ立ち上げたならできるだけ頻繁に更新することが必須条件じゃないかな。

 ブログなどやるとよく分かるのだけれど、こうやって毎日更新するのはかなり難しい。これは義務とか責任などという気持ちでは絶対に続かない。まぁ単純なことだけれど、書く事、表現する事が好きであるということかな。

 ちょっと違うか。書く事というより考え事がすきなんだな。あーでもない、こーでもないと色々と考え事にふけることがすきなんだと思うな。考えるという事は日本語で考えるわけで、私は外でもよくメモしながら考え事をしている。メモはほとんどの場合捨ててしまう。考え事といってもいつも人生について考えているわけでもなくて、つまらない雑多な事をつれづれに考えている。他の人はどうやって考えているのだろう。

 学生の頃からメモを取りながら考える癖があったので自分の中ではまったく違和感がなくこうやってpcに向って綴っているのだが、そういう習慣のない人は続けるのは努力が必要かもしれない。私の場合ほとんど惰性で書いている。ゆえに書かれた文章も筋もなければ意味もない。メモなら捨てられる運命にあるものだな。たまたまこうやってブログになっているから残ってしまったと言うだけだ。

 前にも書いたが、ネタを探しているうちは多分いつかはネタに詰まることになる。ネタは探して書くものではない。書いているうちに出てくるものだ。これは自分の絵の描き方といつも思うけれど似ている。自分は今こんな事を考えていたのかと書くことで気付くことが多い。

 書くこと、描く事、出し惜しみせずにどんどん出してゆく。出し続ける限り枯れる事はない。とまると枯れるような気がする。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (62)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて