FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

歴史上消える - 2011.04.30(原発)






 

 かれこれ一ヶ月以上原発のことばかり書いているかな。それほどこの事故は大きな出来事だったのではないか。地震や津波だけなら、どんなに大きな災害であったとしてもそんなにはショックはないだろう。確かに驚きはするけれど、ありえないことではないからね。でもこの原発は明らかに備え不足による人災だろう。日本という国は技術立国で、勤勉でクリーンで色んなことで世界に冠たる国だと思っていたことが、いとも簡単にひっくり返ってしまったことが、驚きでショックなんだな。ありえないお粗末さだわな。



 それもねぇ、日本が一番率先して気にしなくてはならない放射能のことだからね。それが何の考えもなく簡単に漏れ出して、未だに止めることが出来ないでいることの異常さ、恐ろしさ。これは決してあってはいけないことだという認識になさに驚いてしまう。



 人為的なミスによって国民全てを危険に晒した、いまだに不安に陥れている、今まで築いてきた日本の安全神話、クリーンなイメージを根底から覆す、そんな可能性がある凶暴な道具だということをおくびにも出さず、隠していたこと、それに事故がおきてしまってからの、その住人に対する無責任な態度、一番に保護しなければならない守らなければならないのは企業や会社ではないはずだ、それが全くなされていないことの憤り。



 日本は世界中の人体実験場になってしまった。これから20年30年放射線を浴びたらどんな結果がまっているのか、興味本位で見ていると思う。自分は痛くもないからね・・。特に若い人、子供や女性がどんな影響をうけるのか、放射能の被曝との関係を知りたいと思っているだろう。そうなってしまった、この国の為政者、それを許してしまった大人の責任は大きいな。全員で謝らなければならない。



 けっして放射能の基準を甘くして「すぐさま健康に影響ない」「安心だ、安全だ」といいふらかすことではない。汚染された野菜をこれ見よがしに食べて「安全だ」などとほらを吹くことではない。どこかそれは間違えている。



 いま変らなければ、この国は歴史上消えてしまうだろう。意識として大事なのは「自分の頭で考える」ということだな。面倒でも考えることを止めないことだ。そういった人が増えてゆくことで総体として変ってゆくかもしれない。あまり期待はできないけれどね。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて