FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

利権社会 - 2011.03.30(原発)




予見されていた 

原子力に反対の立場の研究者の話

 

 これを観ると今更ながら悔やまれるな。心情的に原発は反対していた、何度か署名もしたし、文章も書いたりもした。けれど自分の心の中にも「まぁ仕方ないか・・」という諦めにも似た感情があったことは否定できない。どこか他人事であったようにも思う。もっと命張って反対していれば、今回のようなことにはならなかったかもしれない。



 これに似たようなことがたくさんある。例えばこのところ問題になったダム工事にしろ、堤防工事にしろ、ODA,もっと言えば年金問題や国の赤字国債などなど。普通に考えればそんなことありえないというようなことが、もう何年も繰り返されていて止めることが出来なくなっている。



 この原発の問題も、身近な町おこしで補助金目当てで無駄な事業を無理やり行うのと良く似ている。国家の予算がつけばそれに群がる輩が集まるのだ。いい悪い、必要不必要はもう関係ない、仕事として多くの人間が絡んでまともな判断が出来なくなってしまっている。



 まぁ諦めないで、一つずつつぶして行くしか方法はないかもな。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて