FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

みなさんもうすぐ神戸の個展です。イラハイ・イラハイ。 - 2005.07.15(日記)

はる 1489
 「末端にも本性がある」と言ったのは筒井康孝「俗物図鑑」での印象深い一言だ。


甲府は盆地で夏は全国的にも最高気温を記録したりする。反対に冬は最低気温が北海道とおなじだったりするることが多い。けっこう過酷なところかもしれませんねぇ。

 それに比べれば、神戸はましなのかもしれないけれど、どうも田舎暮らしが長くなると、ごみごみと人が多いだけで、暑苦しく感じてしまいます。

 ここに暮していると、日常的に電車に乗るということがない。個展で例えば神戸でやるということになれば、毎日そこまで電車(地下鉄)にのって通勤?しなくてはならない。

 日常的に通勤通学しているものにとって、駅で電車を待つということはなんでもないことなんだろうけれど、慣れない私にとってはストレスになってゆくきがするな。ちょっと大げさだけど。まぁそれが、楽しくもあるのだけれどね。

 さて、みなさんもうすぐ神戸の個展です。イラハイ・イラハイ。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて