FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

町中のスラム化 - 2010.10.25(ポケットの窓から)






 

 鳴り物入りで町中にあたらしいビルが建って一昨日オープンした。町中の活性化をもくろんで地下から二階までが店舗でその上が宝石学校、さらにその上がマンションになっている。県営の駐車場も兼ねているからその点便利に使えそうだ。



 ということで、楽しみにして覗きに行ったのだが、想像していた以上に陳腐なスペースで驚いた。一階の一等地にバーさんが売れないような団子を売っていた。なんじゃあれは。笑ってしまう。明らかに取ってつけたような場ふさぎてきな、大学祭の模擬店のような、お店ともいえないような、悲しい寂しい場末感が漂っていた。オープンのおめでたい、一番盛り上がって盛大に人が行き来する時にあれはないだろう。



 一階のスペースしか見なかったけれど、以下は推して知るべしだな。一度行けば二度とは行かないような魅力のないスペースをいくら作っても活性化には程遠い。かえってマイナスの効果しかない。もし県の担当者があれでいいと思っているなら、一年も持たないでスラム化するだろう。少し前の西武の跡地の県民プラザ、オギノの入っていた旧ポトスの甲府あるじゃん。唯一のデパート○○デパート。すべてよれよれだ。



 公の力が入れば入るほど、援助金が入れば入るほど、活性化とは縁遠くなる。なんだろうなぁ、昔バブルの頃にリゾート開発の名目でとんでもない僻地に公のお金がどんどんつぎ込まれて、大リゾート地が突如出現したことがあった。教員などの共済会館などもそうだけれど、結婚式場や宿泊施設がぼこぼこ出来ていた。とんでもない田舎の田んぼのど真ん中にデラックスな音楽ホールなども出来た。ほぼ3年ぐらいで膨大な借金を抱えて、みんなつぶれて今は廃墟になっているか、つぶされて更地になっている。



 そうなる可能性が大いにあるから危惧するのだ。町中にあるよさというのをどうして誰も考えないのだろう?町中におしゃれじゃない田吾作のスペースを作って何をする気だろう。不思議だ。民間に任せるべきだな。おしゃれなブランドが無理なら、反対に若いやる気のある者に全面的に任せるとか、思い切った事をやらないと致命傷になる。立ち直れないよ。



 ************** 

10/28のUTYの「ニュースの星」の「アトリエ訪問」のコーナーに出ます。3分ぐらいの番組だそうです。取材は3時間もやったのにね。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて