FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

日常を楽しめるか? - 2010.09.29(ポケットの窓から)






 

 足の部分がなければ私の作品のような写真ですが、自宅の屋根の部分です。いい色に退色して適当に錆びも浮いてマチエールも少しついて来ました。が、屋根としてはそういうこといっさいがマイナス要素でありまして、錆びはさび落としで削ってさび止めしなければなりません。屋根全体となると小さい家でもけっこうな重労働でして、今日は日中は日差しがきつくて汗だくになって、もうへろへろです。前回屋根のペンキを塗ったのはいつだったろうか?記憶にないのはけっこう前のことだということでしょう。今回はまだペンキ塗りまではやりませんが、近いうちにやらなければならないでしょうな。



 家も古くなってくると色々とメンテナンスが必要になってくる。ボイラーなどは自分では交換できませんが、それでも一応ふたを開けて分解掃除をするつもりだった。でもまぁこれは素人が手におえる代物ではないことが開けてみて分かった。屋根の修理などもそうですが、樋などもよく詰まったり壊れたりする。まぁ人を頼めば簡単なことなんだけれど、出来るだけ出来ることは自分でやることにしている。



 手間ひまをかけるか、お金をかけるかという選択なんだけれど、私は前者を選んだ。普通に仕事しているとそんなふうには暮らせない。どちらでもいいと思うのだけれど、ある時期にはっきりと意識して選択する必要があるでしょうね。細かいことだけれど、日々の生活というのは手間ひまがかかるということだな。まぁそういった雑用も含めて日常生活を楽しめるかどうかでしょうね。自由業とはいうけれど、好きなことをだけをやっているわけではない。



comment(4)

 
No title 
 こんばんは。自宅のりホームは楽しいですね。借りたアパートだと勝手に壁の色も変えることができませんが、自分の家だと、たとえ壁に穴を開けても誰にも文句はいわれません。(家族のひんしゅくはかうかも知れませんが・・)

 親父が家の大工仕事をするというのを見せるのは大事なことだと思いますね。家を壊さない程度に改装してください。では。

No title 
私はこの夏、子ども部屋の間仕切りを自分でやりました。言いようですが、「家のリフォーム」です。大学時代の木材工芸で覚えた技術を駆使しましたが、あまりいい出来ではありません。家族は満足してますが。

No title 
 こんばんは。そうですか、面白いですね。やはりご自分の範疇でものは見えるということですね。

 先日搬出完了しました。お金も受け取りました。ありがとうございました。期間中にもう少し店番するつもりでしたが、ばたばたと暮らしていまして、お任せしてすみませんでした。先生方の雑談?も聞きたかったですね。

No title 
これ、面白い。聖母子像に見えてしまいます。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて