FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

話は突然やってくる。 - 2010.09.18(ポケットの窓から)






 

 今朝最後のシャワーを浴びた。何度かつっかりながらお勤めを果たし終えた。お酒と水と塩でお清めをしてご苦労さんでしたとお礼を言った。25年だからね。このぐらいして当然かな。まぁこのボイラーがどれだけもつのか分かりませんが、とりあえず新しくきれいになったことは確かだな。



 仕事はどんな形でめぐってくるか分からない。話があったときにすぐにでも対応できる状態にしておくことが大事だ。ほとんどの場合、無名の新人はそんなに余裕のある絶好の時と場は与えてはくれない。個展まで半年あればいい方だ、三ヶ月ということもある。話があったときに断ってしまえば二度目の話はないと思った方がいい。不安はある。ストックしてある絵で間に合うのか、展覧会が出来たとして、果たして首尾よく行くのかどうか。少なからぬ人が関係して仕事が進んでいるわけだから、自分ひとりが恥をかけばすむことではない。



 基本的に色んな場所で展覧会をやって、旅芸人よろしく生きてゆくというような生き方をしたいと考えている。これから人生の後半に入ってゆく。どこまでそれに近づけるのだろうか。楽しみにはしている。

 



comment(2)

 
No title 
あすにでも出かけたいと思います。山美の清水美生さんが亡くなりました。ご存知ですか?私は告別式に出席します。もし出席されるならお迎えに行きますよ。行かないのなら返事はいりませんよ。

 「冬の旅」は何年ぐらいの作品でしょうか?ちょっと恥ずかしい気持ちです。

No title 
旅芸人として生きることは、苦しいながら楽しいものだろうと思います。明日から「猫町古本市」が始まります。遊びに来てください。僕が最初に買った榎並さんの絵、「冬の旅」を非売品として壁に掛けて皆さんに見て貰おうと思います。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて