FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

いまここに永遠がある。 - 2005.01.05(日記)
はる 1297
 ご近所にまた葬儀がでて、今日と明日はお手伝いにでます。ここらあたりに住んでいる人しか分からないと思うのですが、葬儀は同じ組の者が仕切ります。昔、村八分になったものでも火事と葬儀は村の仲間で仕切ると聞いたことがあるけれど、そういったことの延長上にあるのかもしれない。

 ただ昔と大きく違うのは、民間の葬儀屋さん(今はセレモニーホールとかいう)があちこちにできたので、自宅で仕切る葬儀とと違って随分と楽にはなった。

 大手の結婚式場は戦後のベビーブームの団塊の世代が一段落してしまったために、急激に暇になってしまった。打つ手は一つ、今度は彼らの親の葬儀だと気がついた。今やたらと大きな郊外型の葬儀施設が目に付く。

 今元気な企業は老人介護施設と葬儀屋さんだ。

 人は生まれて、やがて死んで行く。その間に何をするかだな、時間は関係ない。いまここに永遠がある。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて