FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

現代人は孤独な集団だ。 - 2005.06.24(日記)

8s

  6/19 8s

はる 1468
 人を迎えに駅まで行く。時刻がはやかったせいか、まだ一杯気分のサラリーマンも少なく、待ち合わせてこれからどこかに出かけるカップルや若い人が多かった。ぼんやりと他人事のように行き交う人々をながめていると、映画のワンシーンのようでけっこう楽しめた。

 気付いたことは多くの人が、ケイタイを片手に芝居の独白のように天に向かってしゃべっていることで、少し前の人間がこの様子を見れば、現代人は孤独な集団だと思ったに違いない。

 ケイタイを持つことで、目には見えないけれど人は不思議なバリアーをかぶるようだ。まるで他人は眼中にないし、遠い視線でものを眺めている。こころはそこにはない。

 今まで気がつかなかっただけかもしれないが、集団とはそういった個人のあつまりなんだろう。ケイタイという文明の機器を持つことでそれが浮き彫りになったというだけかもしれないな。

 それにしても不思議な道具だ。

 ではまた明日。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて