FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

トマトが大きくなった。 - 2009.06.19(ポケットの窓から)






大きくなったトマトの苗

 いつの間にやらトマトが大きくなった。もうすでに花も咲いて実をつけている。これからが難しいらしい。雨があたると割れる、そこから腐ると脅かされる、ということで袋をかけた、ちょっと過保護だな。どうなるんだろう?でもなかなかかわいいものだ。キュウリやナスなどはいっちょまえの姿かたちをしている。それだけで結構感動する。まぁ生涯で始めての自作農園だからな、人からみたらママゴトみたいなものだ。後はつまで続くかだな。



 今日は結構忙しかった。午前中は絵画教室での指導。どれだけ的確な助言ができるか、自分の力量が問われている気がする。どんな絵にもその人のいいところがあるわけで、それを探して見つけ出す産婆さんのような仕事だな。考えてみると絵を描く行為と似ているような気もする。共に成長できればそれにこしたことはない。メンバーの多くがこのブログを読んでいるようなので、ここまでにしておこう。



 午後はいつもの運送屋さんが明日の絵を取りに来る。自分で運べなくはないが、雨が降ると厄介なのとあまりにも重いので車の屋根に乗せるのが段々怖くなってきた。だから彼に頼むことした。明日は手ぶらで美術館に行けばいい。



 三時からは目医者さんに予約が入っている。特別悪いところはないのだけれど、若干視神経が薄くなっているところがあるらしい。遺伝的なものかそれとも後天的な何かしらの疾患なのかと言うことで、一応定期的に検診した方がいいらしい。飛蚊症もかなりあるし、目と歯と頭は弱い。



 しかし、いつも思うのは医療関係の看護婦さんはどうして子供にいうように言うのだろうか。私が年寄りに見えるのかもしれないけれど、露骨にされると馬鹿にされているような気がして腹立たしくなる。まぁ特に目医者さんは年寄りの方が多いのでそのままの感じで他の患者さんにも接してしまうのかもしれないな。「普通にしゃべらんかい!!」と叫びたくなる。



 



 



comment(2)

 
No title 
 コメントありがとうございました。ブログの方で豊作ミニトマトを見ましたよ。

 何とか地元を活性化したいというのと、仕事、食、余暇、文化、そんなことを考えると彼らの考えている「スローフド」とリンクするように思いました。

 絵描きは絵だけかけばいいのだけれどね。まぁ乗りかかった舟で少しはお手伝いできるかな。

No title 
スローフード素敵ですね。
我が家もミニトマトがスズナリで嬉しいです。
口に入れるものだから安心で新鮮で農家の顔が見えるような食品が一番贅沢な世の中なのかも知れない。
仕事に追われる日々も日常も食も大切な人生の一部なんですよね。
だから一つ一つ丁寧に生きたいなって、そう想うんです。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて