FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ピアノはやっぱりビルエバンスみたいに哲学的な瞑想がよく似合う。 - 2005.06.27(日記)

11s

      6/19 11s


 はる 1471
 今車の中で聴いているジャズは誰のだっけなぁと、薄ぼんやりと考えている。リーモーガンのトランペットが軽快にアドリブを唄っているやつで、たしかコルトレーンのカルテットだと思ったのだけど、確かではない。いつも流しっぱなしで、このところお気に入りのアルバムだ。

 リーモーガンは天才で詳しいことは知らないけれど確か30歳まで生きなかったと思う。自分の奥さんに射殺されたという何ともショッキングな事件で一生を終えた。

 けれど音楽はすこぶる上等で、滞ることなく音が連なっている気持ちのいいアドリブの天才だ。

 ジャズメンなんかでも楽器によってわりと性格が決められるような気がする。いやただ単にイメージだけかもしれないけれど、テナーサックスはソニーロリンズのように豪快で委細かまわずガンガン進んで行くというイメージ。同じサックスでもアルトやソプラノになると、やや軽快な明るい南国ラテン的な乗りを感じるね。技巧派が多くなる。

 ピアノはやっぱりビルエバンスみたいに哲学的な瞑想がよく似合う。夜になるとジャズピアノが聴きたくなるね。さぁ今夜はもう店じまい。風呂はいって一杯飲んで寝るぞってなかんじ。

 ペットは何処までも明るいね。クラッシックならモーツアルトかな。ちょと違うか。

 てな事を書いていると今日も終わってしまった。また明日。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて