FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

裸婦クロッキー9/20-4 - 2008.09.24(裸婦クロッキー)

9s


10s

はる 2681
 全体の中の部分というのはなかなか意識されない。このことは物事の本質ではないかと思っている。

 絵を描く方法にも大きく分けて二通りあるように思う。一つは「部分の集まりが全体」という描き方。ちょうど編物のように兎に角どんどんと積み上げて行く。描いている時はその部分しか見ない。細部に徹底して凝る。これだとどれだけ大きな絵でも描く事ができる。

 もう一つは「部分は全体の中の一部」という描き方。例えば一本の線でもそれが全体の中でどれだけの位置を占めるかということを考えながら描く方法。これは物の見方、考え方と言っていいかもしれない。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて