FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ささげもの - 2005.04.12(日記)

0430s

闘病記9・ささげもの

 はる 1394
 今日は久しぶりにパートタイムの仕事に出た。たった二時間働いただけだけれど、しんから疲れる。(この場合の「しん」というのは「心」なのか「芯」なのか「真」「身」どれもあってる気がする)明日は夜の仕事も入っている。彼らを見ていると、前途洋洋の若い人間という気がしない。彼らはもうすでに何かを諦めたかのように老成している。とにかくがんばってくれ!

 お隣の大国が騒いでいる。あのお隣の社会主義国家の小国も何だか怖い国だな。社会主義とはいいながらほとんど独裁国家で、大衆というのか、人民というのは洗脳されて自分の意見を持たずに騒いでいるという風に見えてしかたない。戦前の日本の姿がオーバーラップする。

 日本の国旗や日本車が攻撃されたり、大使館が襲撃されているのを見ると、明らかにこれはそういう意図をもって当局に管理された一部の者が扇動しているようにみえる。(反対にこういった時代錯誤のやり方はかの国のイメージダウンになるのじゃないか、などと思ってしまう。オリンピックもあるのにまぁ)

 例えば一国の政府が反日の旗を振れば大きな問題になる。今は日系の企業の投資も期待したいわけだから、大っぴらに日本を攻撃するわけにはいかない。かといって何も意思表示しなければ日本の言いなりになってしまう。それでいつもやる手口が、大衆運動を盛り上げて、さも、かの国の民衆全てが怒っているのだぞ、というパホーマンスをするというわけだ。これにはよくコントロールされた大衆扇動家がいるのだろう。

 日本などこういった自由主義国家にいれば、案外子供でも耳年年増になって、テレビなどの情報は半分は演出された嘘を含んでいると解釈しているところがある。それでも尚騙される輩が多いのだから、なかなか難しい。

 政治的な事は本当によく分からないのだけれど、特に日本を含むアジアの国々は個人の人権、自由、平等といった意識が希薄だな。これはまぁ長い歴史的なことが関係していると思うのだけれど、一人の人間として人格的に独立していない。ややもすれば烏合の衆、長いものには巻かれろしきの発想が多くを占める。全体主義的になりやすい傾向があるということだろうか。

 まぁよく見極めてそういった政治的扇動(テレビやラジオの情報)に騙されないようにしましょう。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて