FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

私のことを見て欲しい - 2008.06.11(ポケットの窓から)
NEC_0141.jpg

写メ

「私のことを見て欲しい」これだけなんだろう。他の事はどうでもいいんだ。立派な親でなくても、尊敬できる親でなくとも、偉い親でなくとも、自分の事を見ていてくれればそれで全ては上手くいったんだろう。親への復しゅうか。何とも居たたまれない事件だな。

 それから少し前に書いたことだけれど、派遣とか契約社員なんていうのは若者を体よく使い捨てるシステムだよ。まだよく世の中を知らない若い奴が、自由があるし拘束もされないから簡単に自分を切り売りするんだけれど、ながい目で観れば単純労働、日雇い労働は何のキャリアにもならない。若いうちはそこそこだけれど、年とってくれば切り捨てられるのが見えている。そこまで企業に責任はないからね。


 パート、アルバイトといえば学生の感じだけれど、派遣とか契約といえばいっぱしの社会人の扱いだね。誰がそう決めたのか、いってみれば昔のニコヨン、日雇い労働者じゃないか。なんかごまかしだ。まぁだからといって無差別に人を殺してもいいという理由にはならないのだけれどね。これからこういった事件が多くなりそうだな。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4098)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて