FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

潜在意識 - 2008.05.28(ポケットの窓から)
NEC_0115.jpg

写メ

はる 2536

 そこのところを探ってゆくとキーワードに「不安」がある。何が不安なのかと探ってゆくと「依存心」というのが出てくる。独立している人格と見えるけれど、強烈な親兄弟の影響のなかで育つといつまでたっても自立できない人格というのが出来る。未だに独立した人格というのが出来ていない。

 そこのところを見極めてゆくと、自分の生い立ちみたいなものにたどり着く。不安神経症的な傾向は私のDNAのなかにしっかりと刻まれているのだけれど、その根幹の部分にまで降りてゆきたい。

 物事をまず否定的な態度で捕らえる傾向がある。「出来ない」「やらない」「関係ない」そうやって自分に責任が及ぶのを回避している。大いなる「負の意志」というのは結構私の行動力を制限している。たぶんこれはそうする事で無意識にコントロールされていたんだなぁと思う。

 子供は三歳ぐらいまでにほぼ色んな傾向とか性格的な基盤のようなものが出来上がってしまう。後々に学習モラルとか規則などとは違って、その人の根幹をなす枠組みが決まってしまう。たぶんそれはヒナが最初に動くものを親と認識するのとおなじような事ではないだろうかね。


 



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて