FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

静かな日々 - 2008.04.29(ポケットの窓から)
NEC_0077.jpg

写メ「なにわのいばらが咲き出した」

はる 2508
 今日はいい天気でしたね。布団を干して、ちょっとアトリエの掃除をする。窓を開けて誰かのピアノソナタを聴きながら遅い昼ご飯を食べた。

 台所の窓から川べりの大きな栗の木が見える。午後からの風にあおられて大きくかしいでいる。それにしてもこの季節の午後の光は美しい。いつも子供の頃のことを思い出す。

 幸福や不幸といった大きな動きのある生活ではなかった。そうだな、格好よく言えば、小津安二郎の映画のワンシーンのような淡々とした日常だった。けれど、どこかに後ろめたいような陰があるんだな。ぴったりとした言葉が見つからない。

 誰でもそうなんだと思っていた。物心ついた頃の最初の感情は「不安」だ。それも具体的な何かがあって不安になるのではない。どことなくいつも心の置き場の無いような不安感、焦燥感これが私の最初の感覚だ。

 この「不安神経症」的な感覚は多分に家系的なものがあるようにおもうのだけれど、自分と親との関係や兄弟との関係も影響しているように思う。まぁそれを何とか解消したいというのが私の絵を描く大きな動機になっている。

 考えるのが面倒になった。また明日。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて