FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

片手の取れた鍋 - 2008.04.11(ポケットの窓から)
NEC_0056.jpg

写メ

はる 2491
 昨日は誕生日だった。この年になればそう特別な日でもないのだけれど、もう56回もこの季節をくぐったんだなぁと思うと、少しは感慨ぶかいものがあるかな。

 技法講座の原稿を書いているのだけれど、見本にもらった原稿がとても立派なもので、自分のものが貧弱にみえて悲しくなる。例えば私はパレットなどほとんど使わない。ほとんど紙の皿か発泡スチロールのラーメン丼のような安物の道具だ。乾かないようにその絵皿を入れておくふたつきの入れ物は酢だこが入っていた容器だ。これは写真に撮れないな・・。

 片手が取れた鍋はちょうどいい筆洗いのバケツ代わりになっている。数えてみると台所の要らなくなった道具のなんと多い事か。綿布と書かれているのは実は近くの小学校のバザーでゲットしてきたシーツだったりする。着古したジーンズやTシャツはちょどいいハギレとなる。

 配合も実にアバウトだ。何をどのように混ぜたかなど一心に描いている時は考えていない。そこらにある汚れた水でもかまわずに使ってしまう。いちいち考えていては何かが逃げてしまうからだ。いや単に面倒だからに違いない。

 でもしかし、本当はそれを誇りにしているところがあるんだな。うりはそんなところじゃないんだよってことかな。高級な物など何も使っていない。それでも本物の詩が唄えればいいのじゃないかな。

 なんてね、ちょっと言ってみたい。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて