FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

宇宙を創る - 2008.03.14(ポケットの窓から)
NEC_0048.jpg

写メ 「永い旅」130号部分

はる 2464
 130号がほぼ終了。というのか私の絵の場合カタチと物語が決まればほぼ仕上がったようなもので、後はお得意の絵にする作業というわけだ。

 この絵にするというのを説明するのが難しい。挿絵ではないので部分を説明する事ではない。簡単な言葉で言えば「宇宙を創る」ということかな。

 この間の吉田の爺さんの話とつながるように思うけれど、全ての物、事の存在の仕方と言うような事なんだけれどね。まだ上手い言葉で言えていないなぁ・・。考えながら書いてみる。

 私というものも宇宙のひとかけらである。私が存在する理由と宇宙が存在する理というのは、どこかで必ず重なっているいるはずだな。凡人の我々には感じられないのだけれどね。

 ところがまれに天才がそんな宇宙の理を目に観えるカタチにしてくれたり、音にして聴こえるようにしてくれる事がある。まぁそれも我々が心を澄ませて、観ようとしたり、聴こうとしなければきこえないものなんだけれどね。

 うまく説明できていないね。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて