FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

老いたピエロ - 2005.03.21(日記)
はる 1372
 今日はお彼岸。というわけで午後からお墓参りを兼ねて出掛ける。このことに、そんなに律儀な方ではないが、まぁ年に何回かは線香をあげているだろう。私がと言うよりかみさんが気がすむようにということだろうか。

 その後、気になっていた展覧会を二つ観た。ついでと言うと叱られるけれど、そう言ってもわざわざ出掛けるのはなかなか面倒なのでね。DMが来た全ての展覧会に行ける訳ではないので、そこのところ勘弁してくださいな。

 一つは前の地元の美術協会の会長だったY先生の個展。二三年前に脳血栓で倒れて、奇跡的に一命を取り留めた。普通ならかなりの障害が残っても仕方が無いのにもかかわらず、何とほとんど分からないぐらいまで回復されていた。絵を描くということが、まぁリハビリになったのかもしれないが、人間の生きる力というのはなかなか凄いなと感心する。それも今日聞いた話では四度目だというから、超人的生命力と言わざるを得ない。

 全てからときはなされた「老いたピエロ」の自画像がよかった。もう失うものはなにもない、という潔い達観だろうか。人は何か失えばそれ以上の何かを得る。差し引きゼロなんだなとまたあらためて思った。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて