FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ホリエモンさんに感じるのはこのクールさなんだな - 2005.03.15(日記)
    1989 私風景
はる 1366
 最近はテレビもラジオもほとんど聞かなくなった。新聞さえ読んだり読まなかったりだ。

 そういってももれてくるニュースというのがある。例えばホリエモンさんの話。朝起きる時にタイマーでラジオがかかる。そのときにニュースが聞けるわけだけれど、このところ連日彼の話がトップニュースだ。

 彼がやったことやろうとしていることの意味も意義も何も分からないけれど、好きにはなれないなぁ。

 たとえは悪いけれど、バブルの頃にマネーゲームで大もうけした人が居る。当時地道に額に汗水たらして働くのが馬鹿に見えた。多くの人がパソコンを買って投資にはしった。

 当時ニューヨークの一等地を日本人が買ったとか、老後を海外で暮らす人のためにツアーが組まれたとか、そんな景気のいい話であふれていた。

 ところがあっという間にバブルが崩壊して日本の成金趣味、世間知らずが暴露された。

 市場主義経済というのは最もしたたかだ。強い者が勝つ、弱い者、隙を見せた者、知識が無かったり、遅れをとったりしたものは、その本人の責任なのだ。当然だけれど、高い利益には高いリスク背負う。そのことに日本人は不慣れだった。というのかあまりにも世間知らずだった。

 アメリカという国はそういった市場経済で世界と戦ってきた。言葉は悪いけれどばくち経済の博徒なのだ。

 長々かいてきたけれど、ホリエモンさんに感じるのはこのクールさなんだな。お金には綺麗もきたなくもない。儲ければいいということだろうか。商売とはそういったものかもしれないけれどね。

 よくわかりません。
 



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて