FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

美術館コンサート - 2007.07.15(ポケットの窓から)
NEC_0081.jpg

写メ 「美術館コンサート」

はる 2220
 今日は会場当番で台風の影響で雨を心配しながら出かけていった。幸い心配するほどでもなく午後からは日差しも戻ってきた。明日は台風一過で夏の太陽がギラギラと暑いでしょうな。

 明日はこの会の70周年記念レセプションが華々しく行われる。これにも当然出席しなければならないわけで、そういえば50回記念のパーティーにも出た記憶がある。あの時はまだ誘っていただいた大学の恩師が存命で,何か声をかけられたおぼえがあるのだが、詳細は忘れてしまった。はるか昔々の話だ・・。

 当番の食事をいただきながら色々と四方山話をする。団体展に出品してくる若い作家が少ない・・。この先どうなって行くのだろう、という何となくの不安がやっぱりここにも有る。まぁこれは今日本全体が抱えている漠然とした不安なんだろうな。ここだけの話ではない。

 声を大きく勧誘するようなメリットといってもない。今じゃ・・会の会員といった肩書きなど、窮屈な思いをするくらいならいらないや、と思っている若い人もおおいだろうな。

 けどまぁ、団体に属していなければ絶対に知り合えないような仲間と知り合ってゆくというのも、なかなか面白いかなと思っている。ここをベースに生きて行くならそれもまた一つの方法でしょう。

 閑話休題
 どう生きても何にも問題がないということは絶対にない。上手くゆけばその上手くいったことが反対に魔を呼ぶということがよくある。「禍福はあざなえる縄の如し」とはよくいったものだ。

 そうはいってもことここに至ってもはや取り返しのつかないほど腐敗がすすんでいるだなぁとは「年金問題」だ。このことは年金だけの話ではないだろう。信頼していた日本のシステムそのものが壊れているという証しだろうな。役人は仕事をしないというのは常識にはなっていたけれど、こんな風になってしまっていたなんて。

 まぁこんなところでぼやいてみても誰も読みゃしないのだけれどね。

 「衣食住」のことを書こうと思っていたんだけれど、その話はまた今度だな。んじゃ。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて