fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

お世話になりました。 - 2021.12.31(ポケットの窓から)






iPhoneから送信

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

2021「帰ってくれたら嬉しいわ」ドローイング - 2021.12.30(作品)

はる 7544
 2021「帰ってくれたら嬉しいわ」ドローイング
2022年3/9~3/15
グループ展
「アートインジャズ展」
阪急うめだ本店9Fうめだギャラリー
https://www.youtube.com/watch?v=YM0PhsP7ulk&t=12s
Helen Merrill with Clifford Brown / You'd Be So Nice To Come Home To
・・・・・・・・・・
 二十代はジャズ喫茶でバイト三昧でした。当時はどこの街にもジャズ喫茶があって、一杯の珈琲で何時間も過ごすことができた。念願かなって有名なジャズ喫茶でバイトすることができ、趣味と実益を兼ねて朝から晩まで入り浸りでした。出来るだけリクエストに答えられるように、学校の勉強よりよく勉強したように思うな。チックコリアがリターンツーフォーエバーで衝撃的なデビューをしたころで、今では当たり前ですがエレトリックピアノやヴォイスレコーダで音を作ることが始められたころだ。そんな中でこのヘレンメリルとクリホードブラウンの「ユービーソーナイス・・・・」はハスキーな青江三奈のような声と天才的なトランペットに心を揺さぶられた覚えがある。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

2021/12/28 ドローイング 「クレオパトラの夢」未完 ・・・・ https://www.youtube.com/watch?v=_YKLYC-PKj8 - 2021.12.28(作品)

はる 7542
 2021/12/28 ドローイング
「クレオパトラの夢」未完
・・・・
https://www.youtube.com/watch?v=_YKLYC-PKj8

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

2021/12/27 ドローイング「私には羽がある」未完 - 2021.12.27(作品)

はる 7541
 2021/12/27
ドローイング「私には羽がある」未完

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

雨晴海岸スケッチ - 2021.12.25(作品)


267443590_930262501009847_4178644116222971075_n.jpg

265005058_252422320295015_5124967943861443464_n.jpg


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

雨晴海岸の旅 - 2021.12.24(写真)


263727418_746562036305179_5966791039163326722_n.jpg

263718864_6553458678062597_7523577074631285137_n.jpg






FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

さてクリスマスが近い。 - 2021.12.20(写真)

はる 7534
 さてクリスマスが近い。このところ一段と気温が下がって明け方は零下になる。寒くなればなるほどクリスマスが近づいた気になるのはどうしてだろうか。12月は出費が多い。これが過ぎれば正月になる。何だか和洋折衷もここまで昇華されれば大したものだ。節操がないといえばそうだけれど、そうやって色々な文化を吸収してきたそんな民族なんだよな。そういったバイタリティーが無くなれば衰退は仕方ないのかもしれん。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

二重奏 - 2021.12.18(作品)
無題1
はる 7532
 手は皺だらけになって、頭は次第に子供になる。描く絵はどんどんリアルから離れてゆく。もっともっとでたらめに描けたらいいな。
 色んな絵があっていいと思う。作家が100人いれば100通りのえがあるわけだ。反対に一通りの絵しかないとすればそれは何とつまらないことだろう。どんな絵にもそれが生まれる理由がある。自然物でない限り何かしらのこだわりがあって生まれたものだ。その理由を知りたい。
 ・・・
 画用紙の上に和紙をコラージュする。これはほとんど何も考えていない。しかし、何も考えていなふりをしているけれど、何かしらのバランス感覚が自然に働いているのだろう。例えば音楽で言えばハーモニーみたいなものか。人が天然に持っている調和することの楽しさ美しさ心地よさみたいなものか。
 やっていることは全くランダムないい加減なものだ。抽象でもなんでもない。壁土を薄く解いてザラザラしたマチエールを作った。何故か?ツルツルよりもざらざらした手触りが好きだからだ。それだけのことだ。その上に絵の具を垂らした。ここで全く下の文様が隠れる場合もある。絵の具がたまってランダムにむらができるそれもそれを楽しんでしまう。
 そこからがなかなか苦労する場合もあるし、スコーンと一気に仕上がる場合もある。時間をかけたからいいものになるわけではない。見極めが大事だな。ボールペンでオートマチックにいたずら描きをする。何やらぐしゃぐしゃやっていると面白い形が見えてきたらそれで一気に仕上がる。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

2021「詩人の肖像」  - 2021.12.17(作品)
263746078_472278797657517_5000648394580470998_npn
はる 7531
2021「詩人の肖像」 20x13cm ドローイング
新作
・・・・・
手は皺しわの皺だらけになっても、描く絵は次第に子供っぽくなる。リアルから離れてゆく。もっともっとでたらめに描けたらいいな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

左手 - 2021.12.16(写真)

はる 7530
  よく見ると皺だらけのお袋の手に似てきたな。左手の小指が少し曲がっているところも似ている。爪は器用爪といって縦より横が長い職人に多い爪らしい。若い頃はけっこう劣等感を持っていたのですが、ある時有名な画家が同じような爪なのを発見してそれから見方が少し変わった。手先が器用だといわれているのだが、どうでしょう。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

「お迎え」F3部分 ⓔ混成技法 - 2021.12.15(作品)

はる 7529
 2021「お迎え」F3部分 ⓔ混成技法
本人蔵
・・・・・
 今日来年度は全日制の非常勤を更新しないことを告げた。40年やった。退職ではない。非常勤講師は毎年退職しているようなもので、年度ごとに新たに採用される。よって何年やってもキャリアにはならない。10年やっても新人の講師料とおなじである。それを不満に思うならば非常勤講師はできない。
 非正規であることのメリットとデメリットがある。最近は非正規であることがさも諸悪の根源のようにいわれるけれど、私はそうは思わない。フリーランスでいることの気概というのか矜持というのがある。特に表現活動をして生きて行こうと思うならばフリーでいることがとても大事である気がするな。そこが表現者と普通の契約社員と違うところだ。将来が保障され囲われてしまう事で、表現者として生きる切羽詰まった気持ちが萎えてしまう。同じようにみえても、命がけで出てきたものと趣味で出てきたものでは全く違うものだ。人がこころから感動して涙するのは、それがその表現者の根底からの叫びだからだ。人はとても弱いのでね。ややもすれば安きになびいてしまうように思うな。
 デメリットはやはり収入が安定しないことだろうな。将来の不安もある。このまま続けていても食べて行けるかどうかわからない。病気や健康の不安もある。生涯働き続けなければ食べてはゆけない。まぁ反対に言えばそれが自分の活力になっていることは否めないな。
 若い頃に何人か集まってよく話をした。その時言われたことで強く心に残っているのは「絵など描いていると人生棒に振るよ」といわれたことだな。確かにね、その通りだわ。絵を描いて食ってゆこう、絵描きになりたいとは思っていなかったからな。ならばどうしたいのか、それがよくわからなかった。絵を描いて行くことはそんなに悪い事なのか?まぁ未だにその答えはでていないけれど、絵を描いてきたことは確かなことだ。そしてこれからもそうしてゆくだろう。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

今日は山梨英和大学の自作の前でギャラリートークでした。 - 2021.12.13(写真)

はる 7527
 今日は山梨英和大学の自作の前でギャラリートークでした。かなり意気込んで喋りましたが、何か想うところが伝わったでしょうか。一生懸命で写真を撮るのを忘れました。またの機会だな。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

2021/12/12裸婦クロッキー - 2021.12.12(裸婦クロッキー)

267353248_1969197323258566_3571414518904628518_n.jpg267111104_1969197363258562_2803316070187983791_n.jpg266971500_1969197203258578_2019431580991639035_n.jpg266966297_1969197209925244_3894693895462194983_n.jpg


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

陶のオブジェは市川和美さん - 2021.12.09(写真)

はる 7523
 陶のオブジェは市川和美さん
・・・・・・・・・・・・・・
勤め人の四割が非正規労働者らしい。非正規というのは一時的には正規労働者と変わらない収入になる。ところがそれは一種の騙しで、何年かの契約更新で条件は悪くなる。簡単に首を切られることもある。歳をとるとさらに条件は悪くなって食えなくなる。フリーランスで生きるのはそれなりの覚悟が必要だ。自民党が30年来取っているこの新自由主義的な施策は労働者の側に立っていない。当たり前のことだが、儲けるのは大企業や権力側にすり寄っている一部の人たちだけだ。企業は自分たちの言い分を通すために政治家にせっせと献金する、経団連しかり連合しかり。しかし、考えてみたまえ自分たちは選ばれた上級国民だと思っているかもしれないが、本当は利用されているだけなんだな。大企業という見えない怪獣に操らているだけだ。    若い国民の多くが非正規で低賃金であえいでいるのも関わらず、既得権や身内びいき、利権などにとらわれて古い体質から抜けることができなく、新しい研究や試みに消極的で世界中から置いてきぼりを食っている。芸能界でさえ韓国や台湾に真似されて今では世界のBTSだぞ。吉本に何億もかけるなどアホでしかない。       原発の失敗から新しいクリーンエネルギーの開発に着手すれば今頃は世界のリーダーになれただろう。車にしてもトヨタに忖度して電気自動車にシフトできないでウロウロしている間に中国に先を越されてしまった。コロナワクチンにしてもそうだ。マスクなど配っている場合か?モリカケサクラ不正義が正義面して憲法論議などとんでもない話だ。今こそ本当にいまこそ、古い体質と縁を切って新しいリーダーと一緒にやるべきだ。自公維新などとんでもない。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 2021「アダムとイヴ」F6部分 ⓔ混成技法 - 2021.12.08(作品)

はる 7522
 2021「アダムとイヴ」F6部分 ⓔ混成技法
本人蔵
・・・・・
 クリスマスが近づくと聖書にちなんだ画像を選びたくなる。これなどは何度も手を加えて再びでてきたものだ。そういった意味では手元にあるものはいつまでたっても未完成ということになる。
 88年に初めて銀座で個展をした時も12月のクリスマスシーズンで銀座界隈はバブル景気で浮かれていた。黒塗りの大きな車があちらこちらに我が物顔で違法駐車していた。今でもそうだが、その頃は輪をかけてお金がなかったので、個展の道具類の一切合切をワゴン車に積んでウイクリーホテルに泊まって、そこから画廊に通っていた。
 はたから見れば貧乏な絵描きの日々に見えたかもしれないが、本人たちにとっては年に一度の祝祭日であった。絵など全く売れなかったが、それでも楽しかったな。
 その頃盛んに銀座界隈で個展をして発表していた若い作家は後の安井賞展の常連作家も多く、今では画壇の中堅になっている作家もたくさんいる。今から考えるあの頃が画壇絵画のピークだったのかもしれないな。そういった意味ではいい経験をした。自分が年を食ったからかもしれないが、今はそれほどの熱気は感じられない。
 チャンスというのか時代の空気というのか、その時でないと感じられないものというのがあるように思うな。今はそれが何なのか私にはわからない。それを感じることができるものだけが、この時代を代表する表現者になるのだろう。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 2021「テアトロ」F3 ⓔ混成技法 - 2021.12.07(作品)

はる 7521
 2021「テアトロ」F3 ⓔ混成技法
既掲載
・・・・・・
 これだけ寒くなってくると二年前に旅したシシリアが懐かしい。シシリーのパレルモの象徴マッシモ劇場です。映画『ゴッドファーザーPart3』の後半、息子がオペラ歌手デビューする場面で使われた劇場といった方が分かりやすい。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

ユニコンと騎士 - 2021.12.04(作品)

はる 7518
 地元の個展が無事終わって一段落というところだ。何といっても私のホームはここであって、ここから始まってここに帰ってくる。それで一年が終わるという気がする。
 今回はオープニングに森ゆにさんと玄さんに唄ってもらった。本当はお客さんを招待して皆で楽しみたいとは考えていたのだが、昨年も事前に中止になってしまったので、今年は安全を期して案内を出さずに、最悪自分たちだけのファミリーコンサートでもいいやと考え決行した。結局思惑通りお客さんのいないコンサートになってしまったが、それもなかなかいいものだった。
 今までも古楽の演奏会やジャズとか弦楽の室内楽とか色々やったけれど、画廊が西欧の礼拝堂のようなガランとした四角い箱などで讃美歌のような歌声がしっくりくる。近い将来またやりたい。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(4)

2022個展情報 更新しました。             http://enami.sakura.ne.jp/koten/koten.html  - 2021.12.01(作品)

はる 7515
 2022個展情報 更新しました。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4374)
未分類 (228)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (199)
作品 (479)
写真 (164)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (94)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (9)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて