FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2015.12.01(ポケットの窓から)
はる 5358
 昨日の話とつながるのだけれど、作品が手元から離れるときというのは一抹の寂しさがある。むろん貰い手がなければ困るし、それで生計を立てている訳だから、どれだけ上手くいった作品でも一旦会場に並べば商品となる。それはわかっているのだけれど、心の中は非常に複雑だな。

 自分が気に入った作品でもうしばらく手元に置いておきたい、眺めていたい、ここで手放さなくてもいずれ手放すことになるから、ここではちょっと勧めないでおこうなどという気持ちがちょことでるんだな。作者というのは微妙な心理でね、売りたいのだけれど、手放したくないというところもある。だから直接売るという行為は避けた方がいいように思うな。

 同じものは二度とできない。似たようなものはあったとしても、それぞれ全く違う物だからな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて