FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

いまここ - 2011.06.01(ポケットの窓から)






 

 ちょっと考えなければと思っていたことをメモしておいた。最近はあまりゆっくり新聞を読むということもしないのだけれど、まぁ時々暇つぶしに新聞を読んだとする。そうすると何かしら気になるキーワードがある。どこか心に引っ掛かる言葉だな。それがなぜ引っかかったのか、そのときにはまだ分っていない。だから簡単にメモしておく。そうしないとほとんど忘れてしまうのだ。



 人というのは何も考えていない時でも、いや考えていない時の方が色んなことが無意識に入ってくるのかもしれないな。そこで引っ掛かりを感じるというのは潜在意識の中にあるか、普段は気にしていないけれどたまたま意識されたということかな。



 何かの書評を読んでいたときに「今ここ」の話が取り上げられていた。そう、このことを少し考えようと思っていたんだ。またとりとめもないことなので、結論もありません。ではでは。



 99年にテーマとして「いまここにいる」ということを選んでいるのだけれど、そのときの文章を読むと今考えていることとは随分違ってきている。そのときに考えていたのは、単に今生きている自分を確認するという事でしかなかった。文章としては「これからどこへ」というふうには書いてはいるけれど、関心は今の自分にしかない。



 今考えている「いまここ」のテーマは奥深いものだ。簡単に言ってしまえば「今ここ」の中に過去から現在を通って未来まで全てがあるということなんだな。前に書いた宇宙の成り立ちとまったく同じことのように思う。だから多分このことが究極の真理=理ではないかと思っている。



 しかし、眠くなったのでまた書きます。



comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて