FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

2007/01/02 - 2007.01.02(日記)
NEC_0010.jpg
写メ

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

「伊勢の大神楽」 - 2007.01.01(ポケットの窓から)
NEC_0026.jpg

写メ 「初詣」

はる 2019
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 正月だからといって特別なことは何もしないのだが、まぁバカテレビをみてコタツでうたた寝する、バカバカしく暮れてゆくのが正月かなと思う。

 昨年の神戸の個展からのギャラリーの更新をサボっているので、年もあらたまったのでやり始めたのだけれど、まぁ面倒だな。こういったものはその時々に更新してゆかなければ、ためるとおっくうになるな。ぼちぼちやるので少し待ってください。だれも待ってない?

 昨日の夜中のテレビNHKのBSだけれど「伊勢の大神楽」の話をやっていて興味深くみた。まさに現代に生きる「あそびべたち」のはなしで、一年かけて決まったところを旅しながら「笛や太鼓」「獅子舞」や日本古来の大道芸を見せながらお布施?(米や酒)をもらい暮している。ああいった旅芸人が未だにいるんだな・・。

 時代錯誤の現代に生きるジプシーのような話だけれど、訪ねてゆく村々の人達がそれでも待っていてね、色々と世話をやく。ばあさんやじいさんは涙を流してありがたがっているんだな。「よくきてくれました」「また来年も来て下さいね・・」って。

 小さな子供たちは親に無理やり連れられて獅子に頭をかまれて大泣きしている。一年の「無病息災」「厄を払う」「ケガレを清める」とか、日本の古くからのしきたりや掟をそんなことから知って行く。

 今日は元日で初詣に出かけた。普段無信仰で罰当たりな私でも、何となくこうやって一年をはじめると清まった気がするから不思議だ。

 信仰といった大仰なものでなくても、素朴な「おおいなるもの」への恐れとか、畏敬ととか、尊敬とか、そんなものが実は一等大切なことのように思う。

 だからどうしろ、とは分からないけれどね。

 正月元旦そんなことを考えた。また今年も一年よろしくお願い致します。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて