FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

「自分を認めて欲しい」という声 - 2011.02.09(未選択)
イノうえ・ナおひさのイバラード日記より勝手引用

http://megezo.ddo.jp/inoue/tackynote.cgi?action

=view&year=2011&month=02&day=02&no=1071#1


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

略・・

絵を描くことを仕事にする。それはもちろん

絵を描くのが好きだから、であるのは間違いない。

けれど大抵それに、いろんなものがくっついていたり隠れていたりする。

大学で教えていた頃、それも後半になって特に気になったのは、

学生の作品が叫んでいる作者の声、“自分を認めて欲しい”だった。



それは“絵を描くのが好き”を覆い隠すほどに強かった。

絵を描く楽しさや、描くことで何かを見つけるときめきよりも、

とにかく「感心して欲しい」「驚いて欲しい」「褒めて欲しい」

そして何より「自分を認めて欲しい」という、切実なそういう気持ちが、

少なからぬ数の学生作品に、見るのがつらいほどにあふれていた。





僕の絵にもそういうものはもちろんあると思う。

そういう強い思いなしには、絵を描くという独特の労力を要する作業を、

長い時間続けるのは難しいかも知れない。

仕事として絵を描いている人たちの作品にも、

上に書いたそういう気持ちが強く現れているものも多い。



けれどこの左の絵と右の絵の間の、あらためて何も意識しない時間

この世界のおもしろさだけに浸っていた時間が落ち葉のように積み重なって、

絵になっていくのが、どうも一番いい方法らしいと、いまの自分は思う。



ひとに説明するのは難しい。

特に悩み苦しんでいる画学生の、すぐの役に立つようには出来そうにない。

それで作家としてやっていけるのかと聞かれると、僕にも分からない。

ただそうやって描けた絵は、他人の目にはどうか分からなくても、

自分には面白く、不思議で、珍しい――愛でたいものになっている。

【井上直久】

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

what a wonderful world - 2011.01.23(未選択)





FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

無題 - 2010.12.23(未選択)


吉川春水 より勝手引用

http://kikkawaharumi.blog68.fc2.com/blog-entry-874.html

・・・・・・・・・・・・・・・


わたしはただ人生を貧弱なものにし、傷つけ、いじけさせ、そしてゆがめるものは悪だという単純な基準を手ばなすまいとしただけだ

出典:私の二十世紀書店」 中公新書  P94

著者:長田 弘

・・略

1980年から90年の日本のバブル時代が終わってすでに20年、今の日本では、いかに人々の人生を「貧弱なものにし、傷つけ、ゆがめるもの」が多いことか、新聞記事やテレビの報道を見聞きするたびに胸が痛みます。



強者と弱者、成功と失敗、勝ち組と負け組のそれぞれを厳しく区別する今の社会は、人々の心を薄っぺらにし、人を傷つけることで自分を守り、ゆがんだ人生を送る人間を増殖させているような気がします。



強い人がいて成功し、弱い人がいて失敗もする、でも出来るならば、強みと弱みを合わせ持つ世間大半の普通の人間が成功と失敗を繰り返しながら、そこから学び、ある時は勝ち、またある時は負けながら、人としての尊厳を保てる生活を送ることができる。そんな社会になりますように。 ・・略





FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

チャランポランスキー - 2010.12.15(未選択)
はる 3461

 シャメを撮る暇がなかった。それもいいかなとも思う。昔のブログはテキストだけだった。いつの間にか写真が入るのが当たり前になってきたけれど、たまには文字だけもいいかな。



 平均律の話も尻切れとんぼになってしまた。結局何が書きたくてこんな話をはじめたのだろうか、いつも大体こうやって書きながら考える癖があるので、トータル番号も後から振り返ってつける事になる。だから話の結論もあいまいで終わりも明確でない。興が乗れば今回のように何日にもわたって考えることもあるし、眠くなってそのままになることも多い。誤字や脱字も気がつけば後から直しますが、気がつかない場合そのまま放ってあります。そればかりを気にししぎると筆が止まってしまいます。ちゃらんぽらんということで笑って許してくださいな。



 結局どこまで話を進めたのかな。「絵ではないもの」というところまでか。



 私の絵をみて抽象画をイメージする人はいないだろうな。しかし、絵の描き方そのものはほとんど具象的なものはなにもない。たまたま最後には何かしら具体的なものが描かれているので、具象画というふうになってはいるけれど、コンセプトそのものは現代絵画と同じなんだな。まあ、いつものことだけれど、今生きている我々が描いた絵はみんな「現代美術」には違いはないのだけれどね。 


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

無題 - 2010.12.14(未選択)
resonanceより勝手引用

http://resonance-1111.tumblr.com/post/2301560017#note-container


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
描いている途中で「これはちゃんと着地するのか」と不安に思っていたところが面白かった。「創造」というのは必ず、不安な状態が通過点としてある。拡散していく思考と収束していく思考をせめぎあわせている。これは非常に普遍的な話だ。大抵は、その不安に耐え切れず、すぐに思考を収束させてしまいがちだ。それを、そう簡単には収束させないであえて拡散させ、最後は収束させる。


(Reblogged from milkcocoa)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はる 3460

 疲れた。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

カルメン - 2010.12.02(未選択)


 このおっさんよく知らないけれど、めちゃくちゃ上手い。流しの曲芸師のような下世話な感じがとてもいい。ジプシーかな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

オリジナルについて - 2010.11.22(未選択)
resonanceより勝手引用



http://resonance-1111.tumblr.com/post/1638140458#note

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ついに一人のフォロワーも得ることのなかったユニークさ」には何の価値もない。

「多くのフォロワーを獲得したためにいつのまにか少しもユニークなものでなくなってしまったユニークさ」だけに価値があると私は思っている。

だから、「オリジナリティ」に値札をつける習慣にどうしてもなじむことができないのである。

詩について言えば、詩人がほんとうに求めていたのは読者たちの彼の詩境に対する全面的な共感だろうと私は思う。

理解されず共感されず、それゆえ模倣することもできぬような詩想を有したことでオリジナリティを確立することなど詩人は望んではいない(と思う。詩人じゃないからわからないけれど)。

詩想がひろく共感されるということは、人類の「感受性の財産目録」にそれまでになかった新しい感受性を一つ付け加えるということだと私は考えている」

詩人のコピーライトについて (内田樹の研究室)



同じ文章のここも面白い。賛成できる。



「私は自分のネット上のテクストについては著作権を主張していない。今書いているこの文章も含めて、ネット上に掲載されたものは誰でも使用できる「公共財」であるというのが私の考えである。



ネット上の情報を誰でも自由に利用できるということがネットコミュニケーションの最大のメリットなのだから、そこに「私権」を持ち込むのはつまらないことだ。



自分のブログに「コピー禁止」とか「リンクを張る場合には必ず許可を求めること」とか書いている人が多々おられるが、私のブログは「コピーフリー」「盗用・剽窃フリー」である。



私はべつに私の「オリジナリティ」を誇示するためにこのようなところに駄文を記しているのではないからである。私と「意見」を共にする人を一人でも多く増やしたいがために、このようなものを毎日せっせと書いているのである」詩人のコピーライトについて (内田樹の研究室)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

個展二日目 - 2010.11.14(未選択)




















昨日のオープニングパーティの様子

コンセプトは中華ということで水餃子と肉まんとあんまんなどなど

 





FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

ロベール・クートラスのこと - 2010.11.01(未選択)




クートラスの自宅&アトリエ

 

 昨日(10/31日曜日)の朝日新聞の書評のなかでクートラスの画集の話が取り上げられていた。まぁ大騒ぎすればするほど、本人が望んでいた無名性、隠者のような生活、から程遠くなってゆくのだけれど、現存する作家ではないのでそれも許してもらえるかもしれない。



 フランス人はどうなのか良くは知らないのだけれど、日本人はクートラスとのような何と言うのだろう、漂泊の詩人、文人、行者、詩人みたいのものが好きだ。いや私だけではないと思うよ。例えば最近亡くなった松田正平にしても熊谷守一にしても上のクートラスとどっこいどっこいだものな。



 上のクートラスのアトリエを見ると、ハウルの寝室を思い出す。随分昔にそのことについて書いてあったので転載しておきます。

**************

はる 1259

 「ハウルの動く城」のなかで、ハウルは魔法使いの弟子なんだけれど、よくあるパターンで空を飛んだり歩いたり、時空を自由に行ったり来たりできる。まぁそのことはこっちに置いておいて。



 ハウルの寝室が出てくる。そこはありとあらゆる物が所狭しとコレクションされていて、一種グロテスクな形を変えたロココ趣味のような様子で表現されている。ハウルというのがもともと鳥?なのか、はっきりは分からないのだけれど、どうやらその部屋は色々なものを収集する癖のある鳥の巣のようにみえた。傷ついたハウルはいつもその部屋に帰ってきて一時の安らぎを得るのだ。



 夏になると橋の下にたいていホームレスが住み着く。毎年同じような棲家を作るので同一人物かと思っているのだけれど、何か微妙に違う。動物に帰巣本能というのがあるとするなら、その前に巣を作る本能があるように思う。調べてみたことはないのだけれど、何やら、なんでもかんでも集めるというのが、我々動物の本能なのかなと思う。集めたガラクタの中にうずもれてることで、一時の安らぎを得られるもののようだ。



***************



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

詐欺のような携帯の料金2 - 2010.10.19(未選択)
 昨日の続き

「注意しましょう」

 以前の携帯はmovaでメールやシャメの送信は時間で計算されていたようです。無論カメラの画素数がものすごく荒いものだったということもあるのだろうけれど、ほとんど料金を気にすることもなくシャメを便利に使っていた。



 ところが新しいFOMAになって、時間の単位で計るのではなく、パケットという情報量で料金が決まるということも知らなかった。本当は更新の時に店員さんはそういうことを注意事項として言っていたのかもしれないが、こちらはほとんどそういうことは素人で知らないわけだ。パケットが何々・・といわれても外国語にしか聞こえない。まぁそんなこともあって料金の制限に無理やり入れてくれたのかもしれないが、これに入っていなければべらぼうな料金を請求されることになる。



 ちょっと知り合いに聞いてみると、やはりそういったことで高額の請求をされたという人が何人もいたそうだ。とくに若い人が「着歌」とか何とかを無料だと思ってダウンロードすると、一曲で1000円とか2000円とか掛かるらしい。



 まぁ知らないのはこちらにも責任があるのかもしれないが、私のようにそういったことも気にしないような人が簡単に孫の写真などをやり取りしたとしたら、一枚の写真でも500円ぐらい簡単に掛かってしまう。これってはっきり言って詐欺みたいなものじゃないか。もっと注意を呼びかけなければ、仕方ないで泣き寝入りしている人が多いのじゃないかな。大企業でありながらそういった詐欺的な行為で儲けるのはズルイという気がするなぁ。



 ***********

覚書

128バイト=1パケット=0.21円(通常)

半角1文字≒1バイト

全角1文字≒2バイト

絵文字1文字≒1000~3000バイト=1.5~5円

着歌おおよそ500Kバイト≒3900パケット≒780円

フルサイズ着歌≒5Mバイト≒8200円

フルサイズのシャメ≒350Kバイト=2900パケット≒580円



 こうやって書いてみると大きなサイズのシャメを一枚送っただけで500円も掛かる。おいこら!馬鹿にするのもええ加減にしろといいたい。料金制限(4200円)のパケホーダイ(無制限使い放題)に入っていなければ天井知らずだ。これは恐ろしい話だぞ。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて