FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

国会事故調 記者会見(原発事故調査報告書) - 2012.07.07(原発)
国会事故調 記者会見(原発事故調査報告書)
初めてまともな報告を聞いた。
これを何とか生かすようにしたいものだ。
「虜」だと


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

6.29 「再稼働反対」デモ - 2012.06.30(原発)
6.29 「再稼働反対」官邸前を埋め尽くした巨万の人々


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

6/29反原発デモ - 2012.06.29(原発)
下のライブの放送


ライブ放送です。  
現在は観ることが出来ません。

=================================
    6月29日19時~官邸前アクション空撮ライブ
    http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1379
==================================

広瀬隆さんの呼びかけによって、6月29日(金)夕方〜夜にかけて
行われる官邸前での再稼働撤回アクションを空から中継します。
航空法の関係で、疑似生となります。
官邸上空にヘリが滞在するのは、18時10分〜30分、19時10分〜40分の2回。
配信時間は19時頃からとなる見込みです。

◎官邸まで来れない方にぜひお知らせください。
◎官邸前に行く方はぜひ光の出るものなどをご用意ください。
 (懐中電灯、ペンライト、ケミカルライト(コンサートなどで腕に巻くヤツ)
  警備員などが使う蛍光ベストやタスキ、携帯電話、スマホなどなど)

ーヘリコプターの飛行スケジュールーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎1回目の飛行
リポート:山本太郎さん(俳優)
新木場ヘリポート離陸  18時
官邸上空到着      18時10分頃
官邸上空から新木場へ  18時30分頃
新木場へリポート    18時40分頃
 
◎2回目の飛行
リポート・スチル写真撮影:野田雅也さん(フォトジャーナリスト)
新木場へリポート離陸  19時
官邸上空到着      19時10分頃
官邸上空から佐倉へ   19時40分頃
佐倉へリポート     20時頃
 
ーライブ配信ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1379
◎Ustream(上記でアクセスが殺到した場合)
http://ow.ly/bStd1

◎1回目配信:19時頃〜19時40分
リポート:山本太郎(俳優)
配信:OurPlanetTV/IWJ
 
◎2回目配信:21時頃〜21時40分頃
リポート:野田雅也(フォトジャーナリスト)
配信:IWJ
 
プロデュース:綿井健陽(ビデオジャーナリスト)
配信技術:古田晃司(IWJ)・高木祥衣・小川直也(OurPlanetTV )
リポーター:山本太郎(俳優)・野田雅也(フォトジャーナリスト)
企画プロデュース:広瀬隆(作家)
反原発 

声を上げよう!
「原発反対」 

反原発デモから加工
転載歓迎


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

6.22 首相官邸前 原発再稼働反対デモ - 2012.06.25(原発)
http://www.youtube.com/watch?v=rdkTDjHXUkU&feature=player_embedded
6.22 首相官邸前 原発再稼働反対デモ 40,000 人
100万になれば何とか止まるかも
お祭り気分でもなんでもいい、兎に角止めよう!
大手のマスコミが報道しないならミニコミのブログでもツイッターでも使って広めようか。


 

はる 4017
 帰宅しました。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

大飯原発再稼動 - 2012.06.16(原発)
 
2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動
ほとんどのマスコミは何かを恐れて、これを報道していない。
はる 4008
 何と馬鹿な話だ。何で止められないのだろう。紳士面しているけど、あいつらはヤクザ者だ。金と恫喝で相手を黙らせる。これで日本は理想を掲げて変る事ができる最大のチャンスを失った。同じ過ちを何度繰り返せば分るのだろう。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

野田総理冒頭発言 - 2012.06.14(原発)
aerial1jpg.jpg


http://blog.tatsuru.com/2012/06/14_1241.php

より勝手転載
**************
・・略
【野田総理冒頭発言】
本日は大飯発電所3,4号機の再起動の問題につきまして、国民の皆様に私自身の考えを直接お話をさせていただきたいと思います。
4月から私を含む4大臣で議論を続け、関係自治体のご理解を得るべく取り組んでまいりました。夏場の電力需要のピークが近づき、結論を出さなければならない時期が迫りつつあります。国民生活を守る。それがこの国論を二分している問題に対して、私がよって立つ、唯一絶対の判断の基軸であります。それは国として果たさなければならない最大の責務であると信じています。
その具体的に意味するところは二つあります。国民生活を守ることの第一の意味は、次代を担う子どもたちのためにも、福島のような事故は決して起こさないということであります。福島を襲ったような地震・津波が起こっても事故を防止できる対策と体制は整っています。これまでに得られた知見を最大限に生かし、もし万が一すべての電源が失われるような事態においても、炉心損傷に至らないことが確認されています
これまで一年以上の時間をかけ、IAEAや原子力安全委員会を含め、専門家による40回以上にわたる公開の議論を通じて得られた知見を慎重には慎重を重ねて積み上げ、安全性を確認した結果であります。もちろん、安全基準にこれで絶対というものはございません。最新の知見に照らして、常に見直していかなければならないというのが東京電力福島原発事故の大きな教訓の一つでございました。そのため、最新の知見に基づく、30項目の対策を新たな規制機関の下で法制化を先取りして、期限を区切って実施するよう、電力会社に求めています
その上で、原子力安全への国民の信頼回復のためには、新たな体制を一刻も早く発足させ、規制を刷新しなければなりません。速やかに関連法案の成案を得て、実施に移せるよう、国会での議論が進展することを強く期待をしています。
こうした意味では実質的に安全は確保されているものの、政府の安全判断の基準は暫定的なものであり、新たな体制が発足した時点で、安全規制を見直していくこととなります。その間、専門職員を擁する福井県にもご協力を仰ぎ、国の一元的な責任の下で、特別な監視体制を構築いたします。これにより、さきの事故で問題となった指揮命令系統を明確化し、万が一の際にも私自身の指揮の下、政府と関西電力双方が現場で的確な判断ができる責任者を配置致します。
なお、大飯発電所3,4号機以外の再起動については、大飯同様に引き続き丁寧に個別に安全性を判断してまいります
国民生活を守ることの第二の意味、それは計画停電や電力料金の大幅な高騰といった日常生活への悪影響をできるだけ避けるということであります。豊かで人間らしい暮らしを送るために、安価で安定した電気の存在は欠かせません。これまで、全体の約3割の電力供給を担ってきた原子力発電を今、止めてしまっては、あるいは止めたままであっては、日本の社会は立ちゆきません。
数%程度の節電であれば、みんなの努力で何とかできるかも知れません。しかし、関西での15%もの需給ギャップは、昨年の東日本でも体験しなかった水準であり、現実的にはきわめて厳しいハードルだと思います。
仮に計画停電を余儀なくされ、突発的な停電が起これば、命の危険にさらされる人も出ます。仕事が成り立たなくなってしまう人もいます。働く場がなくなってしまう人もいます。東日本の方々は震災直後の日々を鮮明に覚えておられると思います。計画停電がなされ得るという事態になれば、それが実際に行われるか否かにかかわらず、日常生活や経済活動は大きく混乱をしてしまいます。
そうした事態を回避するために最善を尽くさなければなりません。夏場の短期的な電力需要の問題だけではありません。化石燃料への依存を増やして、電力価格が高騰すれば、ぎりぎりの経営を行っている小売店や中小企業、そして家庭にも影響が及びます。空洞化を加速して雇用の場が失われてしまいますそのため、夏場限定の再稼働では、国民の生活は守れません。
そして、私たちは大都市における豊かで人間らしい暮らしを電力供給地に頼って実現をしてまいりました。関西を支えてきたのが福井県であり、おおい町であります。これらの立地自治体はこれまで40年以上にわたり原子力発電と向き合い、電力消費地に電力の供給を続けてこられました。私たちは立地自治体への敬意と感謝の念を新たにしなければなりません。
以上を申し上げた上で、私の考えを総括的に申し上げたいと思います。国民の生活を守るために、大飯発電所3m4号機を再起動すべきだというのが私の判断であります。その上で、特に立地自治体のご理解を改めてお願いを申し上げたいと思います。ご理解をいただいたところで再起動のプロセスを進めてまいりたいと思います。
福島で避難を余儀なくされている皆さん、福島に生きる子どもたち。そして、不安を感じる母親の皆さん。東電福島原発の事故の記憶が残る中で、多くの皆さんが原発の再起動に複雑な気持ちを持たれていることは、よく、よく理解できます。しかし、私は国政を預かるものとして、人々の日常の暮らしを守るという責務を放棄することはできません
一方、直面している現実の再起動の問題とは別に、3月11日の原発事故を受け、政権として、中長期のエネルギー政策について、原発への依存度を可能な限り減らす方向で検討を行ってまいりました。この間、再生エネルギーの拡大や省エネの普及にも全力を挙げてまいりました。
これは国の行く末を左右する大きな課題であります。社会の安全・安心の確保、エネルギー安全保障、産業や雇用への影響、地球温暖化問題への対応、経済成長の促進といった視点を持って、政府として選択肢を示し、国民の皆さまとの議論の中で、8月をめどに決めていきたいと考えております。国論を二分している状況で一つの結論を出す。これはまさに私の責任であります。
再起動させないことによって、生活の安心が脅かされることがあってはならないと思います。国民の生活を守るための今回の判断に、何とぞご理解をいただきますようにお願いを申し上げます。
また、原子力に関する安全性を確保し、それを更に高めてゆく努力をどこまでも不断に追求していくことは、重ねてお約束を申し上げたいと思います。
私からは以上でございます。
以下略
***********

はる 4006
 何も言えませんね。何を持って安全というのだろう。災害は地震や津波だけではないだろう。テロもあるかもしれん。戦争が勃発すればどうするの、ここは原発だから攻撃するのは反則だっていうわけ、コンピュータのご操作ということもありえる。何があるか分らないから事故というのだ。その時はまた想定外と言えばすむと思っているようだ。責任をとるっていうけれど、どうやって責任取れるのか。人の力ではどうすることもできないから未だに困っているわけだ。

 何でこういう発想が出てくるのか分らない。何を守ろうととするのか。国というのはそこに住む人がいて国であって、住めない国土を守ってどうしようというのか。今の生活を維持する事がそんなに大事な事かな。命を賭けてやることかな。どうもなぁ命を賭けて、一か八かのバクチをやっているようだ。今まで原発がやってこれたのはたまたま事故が小規模で済んだとか、人に知られない程度で済んだ、そうやって騙し騙し自転車操業でやって来たんでしょう。

 国の安全などというのはもっと真面目でカタギでなきゃいけないでしょう。今お願いするとすれば、例えば省エネのために夜は10時にはテレビ番組を終了します。サマータイムを導入して早寝早起きを奨励するとか、コンビニやファーストフード店の営業を短縮すうるとか、照明を暗くするとか、同じ種類の自動販売機は半径500m以内には設置できないようにするとか、不便をかけるけれどここはぜひともお願いしますと説得すれば納得すると思う。それを反対に今のままを維持するために再稼動をお願いするというのは常識を疑う。どこまで腐っているのだ。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

絶対反対だぁ。 - 2012.06.13(原発)
 

http://www.geocities.jp/marebit/TOP.html
より勝手転載
********************
告訴宣言

福島原発事故の責任をただす!告訴宣言

福島原発事故から1年を過ぎた今なお、事故は全く収束せず被害は拡大の一途をたどっています。美しい自然と豊かな生命をたたえたふるさと、何ものにも代え難い共同体を失った私たちは、地域社会の分断という重荷を背負い、いつ終わるともしれない苦難の中にいます。

福島原発事故は、すでに日本の歴史上最大の企業犯罪となり、福島をはじめとする人々の生命・健康・財産に重大な被害を及ぼしました。原発に近い浜通りでは、原発事故のため救出活動ができないまま津波で亡くなった人、病院や福祉施設から避難する途中で亡くなった人、農業が壊滅し、悲観してみずから命を絶った農民がいます。

このような事態を招いた責任は、「政・官・財・学・報」によって構成された腐敗と無責任の構造の中にあります。とりわけ、原発の危険を訴える市民の声を黙殺し、安全対策を全くしないまま、未曾有の事故が起きてなお「想定外の津波」のせいにして責任を逃れようとする東京電力、形だけのおざなりな「安全」審査で電力会社の無責任体制に加担してきた政府、そして住民の苦悩にまともに向き合わずに健康被害を過小評価し、被害者の自己責任に転嫁しようと動いている学者たちの責任は重大です。それにもかかわらず、政府も東京電力も、根拠なく「安全」を吹聴した学者たちも誰一人処罰されるどころか捜査すら始まる気配がありません。日本が本当に法治国家かどうか、多くの人々が疑いを抱いています。

生命や財産、日常生活、そして「健康で文化的な最低限度の生活」さえ奪われた今、すべての人々がそれを奪った者への怒りを込めて、彼らの責任を追及し、その罪を認めさせなければなりません。そのために、最も深刻な被害を受けている福島でまず私たちが立ち上がり、行動しなければなりません。告訴団を結成した理由もここにあります。

私たちは、彼らに対する告訴を福島地検で行うことを決めました。自分たちも放射能汚染の中で被曝を強要されながら存在しなければならない矛盾、逃れられない厳しい現実を背負う福島の検察官こそ、被害者のひとりとして、子どもを持つ親として、この事故に真摯に向き合うべきだと考えるからです。

私たちは、自分たちのためだけにこの闘いに踏み出すのではありません。日本政府は、あらゆる戦争、あらゆる公害、あらゆる事故や企業犯罪で、ことごとく加害者・企業の側に立ち、最も苦しめられている被害者を切り捨てるための役割を果たしてきました。私たちの目標は、政府が弱者を守らず切り捨てていくあり方そのものを根源から問うこと、住民を守らない政府や自治体は高い代償を支払わなければならないという前例を作り出すことにあります。そのために私たちは、政府や企業の犯罪に苦しんでいるすべての人たちと連帯し、ともに闘っていきたいと思います。

この国に生きるひとりひとりが尊重され、大切にされる新しい価値観を若い人々や子どもたちに残せるように、手を取り合い、立ち向かっていきましょう。

2012.3.16

福島原発告訴団結成集会参加者一同
 以下略・・

 福島原発告訴団 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

大馬鹿野郎だ。 - 2012.05.29(原発)



Arvo Pärt - Alina!
はる 3990
 
福島の原発の破壊された見慣れた写真。今も一年前とほとんど変らない状態でそこにある。変らない事がとんでもない異常事態だということを示している。普通にその場に近づきさえ出来ないなのだから。

 これを見ると人類の英知など自然の前ではたかが知れたものだということがよく分かる。元々宇宙には放射線を含む宇宙線が飛び交っている。太陽の熱と光は核反応の結果だし、星が爆発すれば色んな目に見えない素粒子が地上に降り注ぐ。人体など簡単に通り抜けてしまうこれらの宇宙線は、DNAを傷つけてしまう。まぁほとんどが生物に有害なものだ。

 それゆえ生物は地上に発生する事ができず水の底で生まれた。生物の源である水は放射線など有害な宇宙線をカットしてくれる。原発の燃料のウランが水の中にストックされているのは冷やすというだけではない理由がここにある。その後、色んな理由でオゾン層が出来て紫外線を含む有害な宇宙線がカットされるようになって、やっと生物は地上に顔をみせる事ができたのだ。

 宇宙が誕生する超不可思議な世界では、時間や空間さえ一点に凝縮される摩訶不思議な世界で空想さえ容易にはできないのだけれど、一つだけいえることはそこは「この世」ではない何処かで、無論人などが入り込める世ではない。もともと住む世界が違うのだ。

 原子、電子、核反応とはそんな世界の話だ。E=mC2、単純に考えて、物は膨大なエネルギーを抱えていると言う事だけは分っている。その部分だけ注目して次世代のエネルギーは核だなどと騒いでいるいるけれど、それを取り出すのは容易ではなく、神の力を借りるしかない。それ故、いったん火がついてしまうと人では消す事も止めることもできない。

 宇宙がどうして出来ているのか分らないように、原子の世界も実のところ未だによく分かっていないのだ。そこで出来てしまった放射線などのやっかいな生成物は人工的に無毒化できない。自然に無毒化するのを待てばそれは宇宙的な時間を要する。だから出来てしまった放射線を出す生成物(死の灰)はまとめて埋めるしか出来ない。埋めても燃やしても無くなりはしない。ほぼ永久にこの地上にあり続ける。そんなものをどうして使おうとするのかよく分からない。

 原発がなくなれば電力が不足しますよ、経済的にダメージを受けますよ、それもいいのですかと未だに脅迫じみたメッセージを出し続けているけれど、それは根本的に違うだろう。仮に人類が生き残るためには毒を造り続けれなければならない、それが人類の避けては通れない宿命だと言うのであれば、反対に今の生き方のほうを見直すか、とっとと諦めるしかない。
 
 人というのはよく分からないなぁ。分りきった事がやめられない、止められない。明らかに違うだろうということが止められない。あれだけの犠牲をはらって、人類がひょっとするとここで終わってしまうかもしれないという選択を迫られているにもかかわらず、今の生活を続けようとする。現実を見ないようにしている。まぁいいか、とやり過ごしている。本当にいいのかこれで。

 大馬鹿野郎だ。あほか。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

真実を直視しよう - 2012.04.24(原発)


フクシマのうそ(吹き替え)
ドイツの福島第一原子力発電所と東京電力の「原発ムラ」のレポート

はる 3955
 ちょっと尋常ではいられないなぁ・・。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

情報を自ら取捨選択する度量が要求される - 2012.04.21(原発)

はる 3952
 日ごろなかなかよく考えられていて面白いテーマで番組を作ったり、他の民放では出来ないような面白いシリーズを放送するNHKも今回の原発事故の件では全くの無能である事をさらけ出してしまった。あれほどチェルノブイリ事故などの危険性をドキュメント放送していた局でありながら、ほとんど無意味に政府の流した嘘の情報の解説に始終してしまった。

 これは何を意味するかと言えば、結局責任の所在の問題だと思う。政府の公式見解の解説をしている分には責任の所在は自分になく政府にあるからだ。これが全ての敗因だな。自分たち独自の見解を発表すれば、たとえば原発の事故が起きた場合、第一段階として住民の避難に関して「風向きは北西方向なので、原発からみて北西方向ににある○○村の住民は直ちに避難してください」などと自分たちの独自の見解で避難を呼びかけるような準備をしていたかということだな。それをしていない限り政府の公式見解を待ってその都合のいい嘘の情報を繰り返すしか手はない。

 報道関係の会社にそれだけの独自性が保障されているのかどうか、そこのところも疑問だな。マスメディアがどうあがいても時の為政者の広報活動に利用されるのは止めようがない。独自の判断ができるだけの権限を持たされていないからな。

 今はこういったブログなどのミニコミの方が本当の情報が含まれているように思うな。勿論嘘も多いし胡散臭い偽の情報もおおいのだけれど、情報を自ら取捨選択する度量が要求されるけれどね。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて