あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日も元気だ。 - 2017.09.07(ブログ)
 写メが上手く送れないようです。
はる 5982
 よって今日は写真が有りません。昔ネットを始めた頃は、HPの掲示板というところでこの日記のようなものを書きはじめた。そのころは当然携帯など普及していなかったわけで、当然写メなどという高級な技は使えなかった。いまでは当たり前に携帯から写真を送れるのだが、これは画期的なことなんだよな。

 今現在ここのいることを世界中の人が同じ目線で確認できるという事で、考えてみると非常に恐ろしい事だ。今は位置情報を入力することでその人がどこにいるのか、今日何をしたのかを知ることが出来るという事だ。こわいな。

comment(0)

七月一日 - 2015.07.01(ブログ)
はる 5107
 今日は写真はなし。こんな日があってもいいかな。今日は地元の公募展の審査があった。どの町にもこういった地元の美術団体があり公募展を年一回開催する。全国区の公募展もこういった小さい町の公募展も同じでそこの会員たちがほぼボランテァで会を運営している。大小はあるけれど運営自体は良く似ている気がする。

 町で小さな教室を主宰してるのでこういった公募展はメンバーのモチベーションの向上にもなるので奨励している。私自身が若い頃にこういった公募展で育てられてきたという経緯があるのでよくわかる。長く続けて行くには、まずは小さいこういった地元の公募展で入選、入賞を目指すというのがいいように思うな。地元の小さな公募団体なんてと歯牙にもかけない人がいるけれど、それは違うとおもう。

 いきなりたくさんのライバルの居る場所に出ても多くの場合うずもれてそれで終わってしまうだろう。武者修行としてそれも大事だけれど、まずは小さい所で着実にやって行くというのが長く続けて行く王道だとおもうな。まぁそれで食ってゆくというのであれば違うのかもしれないけれど、私は地元を大事にしないものは全国区でもだめだと思な。

 さて寝るとする。

comment(0)

はる 4954 - 2015.01.27(ブログ)
はる 4954
 今日は画像が添付できない。どういうわけかよくわからない。というわけで今日はお終い。また明日。

comment(0)

憲法前文 - 2015.01.11(ブログ)


はる 4938
 日本国憲法前文・・
  日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自 由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法 を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこ れを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
  日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安 全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地 位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

 中学生の頃、授業でこの前文を暗記させられた。難しい言葉や意味があったけれど、何となく気高い理想を感じた。ここには人類普遍の理想が掲げられている。 実際の世の中では争い事や災いが絶えないけれど、我々はこういう世の中を作りたいという理想を掲げていいのだ。それが現実に合わないからといってちょこま かとその時の為政者の思惑で変えるべきでない。 


comment(2)

仕事 - 2014.06.24(ブログ)


はる 4735
 絵描きというのは難しい仕事だわな。どこまでが仕事で、ここからが自分の趣味だというふうに分けられない。年がら年中遊んでいるようでまた、四六時中仕事のような気もする。職人ではないのでアトリエに入るのもきっちり時間が決まっていない。家にいる時間が多いので、宅急便が来たり、電話にでたり、洗濯物を取り込んだり、布団を干したり、庭の雑草をとったり、畑に水をやったり、気になっていた家の修理をしたり、雑木林のような庭木の剪定をしたりで、なにもしないでも一日が暮れる。

 家のど真ん中にアトリエがあるので、交通の要所になっている。トイレに行くにも風呂場に行くにもアトリエを通って行かねばどこにも行けない。必然的にそこにかかっている描きかけの絵が目に入る。何とかしてくれよ!といつも訴えてくる。時々いいアイディアが浮かぶ。ちょこちょことメモして貼り付けておく。すぐに忘れてしまうのでね。

 画家とか作家などは、その仕事のスタイルは神秘的なベールに包まれていた方がそれらしく見えるようだけれど、こと私に関してはまるで作家らしくない。絵の前に座って瞑想しているように見えるかもしれないが、それは眠っている場合が多い。実際に絵を描くよりもの考えている方が多い。眺めていることの方が多い。これで仕事になっているのかな。


comment(0)

第24回スクエア展 - 2014.06.21(ブログ)
スクエア

第24回スクエア展

はる 4732
 またあとで。


comment(0)

あれから40年以上経ってしまった。 - 2013.04.12(ブログ)

はる 4297
 送ったつもりのシャメが届いていないので今日は写真はなし。しかし、写真がないと話のきっかけがつかみにくい。これこそ無から有をつくるってことか。

 先日、定時制で今年度はじめて授業をした。毎年自己紹介から始めるのだが、年齢をいうだんになってはっと気がついた。何とその日が誕生日だった。もう何年も教壇に立っているのだが、誕生日に授業をしたことなどなかったな。私が今日誕生日だと告白するとすぐさま「おめでとうございます」と返事が返ってきた。こんなにノリのいい生徒もここ最近なかったな。

 毎年不思議に思うのだが、彼らは15か16歳。私は彼らの4倍も生きている。にもかかわらず外見ほどには成長していない自分を感じるんだな。高校生だった頃はついちょっと前のことの様に思える。あれから40年以上経ってしまった。

 
 



comment(0)

こうふのまちの芸術祭報告 - 2011.10.04(ブログ)
バールスローライブ 
バールスローライブの様子
写真はバールスローのHPより
http://bar-slow.com/blog/2011/10/post-145.html

 この間の「こうふのまちの芸術祭」で私の作品が飾られているカフェでピアノの弾き語りのライブがありました。私はリハーサルしか聴けませんでしたが、彼女(森ゆに・http://moriyuni.blog94.fc2.com/)の歌声はとてもシンプルな美しい声で思わず聞惚れてしまいました。

 ホリニテ日記に多くの写真で「こうふのまちの芸術祭」の様子が報告されています。
 http://hotori1.exblog.jp/15672120/ 

 絵は画廊や美術館で展示されるだけのものではないと思う。音楽もそうなんだが、大きなコンサート会場などでかしこまって聴いていると思わず、リズムを取りたくなる。隣を見ても誰も無反応でただ聞いているだけの様子。そんなんで面白いのかな?と思ってしまう。

 絵画もそうじゃないかな。美術館や博物館に入ったものは剥製と同じようなもので、かしこまって鑑賞しなければならないと強要されているようで嫌だな。そんなにありがたく清く正しいものであるわけない。もっと下世話で楽しくて身近にあって欲しい。だからカフェの壁に飾ってもらって、何か食べながら、楽しく会話しながら、ふと何気なく目を上げたら絵が語りかけてきたと言う方がどれだけ絵としてためになっているか、有効であるか。

 またそんな機会があれば出来る範囲で参加したいと思う。


comment(0)

楽日です - 2011.01.15(ブログ)
はる 3492

 いよいよ最後の日です。万象繰り合わせてお越しください。今日は午後四時までですので、お間違いなきように。それではまた。



風信子さんが個展のコメントを書いてくれました。

http://d.hatena.ne.jp/ktoshi3/comment?date=20110115

**********

 帰って参りました。旅暮らしもたまにはいいのですが、やはり家はいいですね。寒いけれど・・。



 今回の個展。前半はまだ銀座はお正月気分で動きがなく、よって一日に10人も来ないような日が続いてめいってしまった。このまま終わるのかと危惧していたのだけれど、後半はやや持ち直して多くの人が訪れてくれた。やはり人が来なければ面白くない。



 ネットの関係で来てくれる人が段々に多くなってきた。ブログをみて関心をもってくれる人も増えてきたようだ。毎日こうやって更新することがやっと少しは効果が出てきたのかもしれないな。いや、しかしもうそんなことはあまり期待していないようにも思う。もちろん最初はそんなことをもくろんでいたのかもしれないが、いつの間にかこうやって更新してゆくことが日常の一部になって、特に無理して書いているという意識はない。



 一つ今回気になったことがある。以前からあったことなんだが、大きな団体に属していると自然にある種のピラミッド型のヒエラルキーが出来る。自然、なんとなく一般の人たちより優位な立場にたってものを言うことが多くなって、絵のことならまだ許せるのだけれど、いつの間にか自分が偉い人になった気になっていないかな。そこのところ充分に注意しないと間違いを起こす可能性があるな。



 何も偉くない。ただの風来坊だ。ただの旅芸人みたいなものだ。


comment(4)

個展ラス前 - 2011.01.14(ブログ)
はる 3491 

 今日も携帯がありませんので、写真が撮れません。明日でおしまいです。今日明日と終日画廊につめています。是非きてください。



**********************

なおなおさんが個展の記事を書いてくれました。ありがとうございました。

http://no70ko.exblog.jp/15329869/



大石正巳さんが個展の記事を書いてくれました。ありがとうございました。

http://laseine38.exblog.jp/15766385/


comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて