fc2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

PERFECT DAYS - 2024.01.07(未分類)
無題1
映画PERFECT DAYS を観た
PERFECT DAYS
 映画「PERFECT DAYS」を観た。誰かから東京のトイレ清掃人の日々を綴った映画だと聞いていたが、何も劇的なことは起こらない、淡々としたブルーカラーの仕事人の日常を丁寧につづったいい作品だったな。役所広司は上手い。手法が小津安二郎的だなと思ってみていたら、ドイツ人のヴィム・ヴェンダース監督はやはり小津を意識していたらしい。そう考えるとなかなか興味深いものがある。暗くならないところがいい。
  清掃人といえば私も一時ビル掃除のアルバイトをしていた。こういったブルーカラーの仕事は、透明人間になれる。存在しているのだけれど存在を無視されるということかな。何処にでも入って行けるし、とがめられることはない。ただし存在しない扱いになるので自己主張してはいけない。それに耐えられるならば結構気楽な肉体労働だったな。
  そう、もう50年も前の話だけど、学校を卒業して就職もせずフラフラしていた時に考えたことは、収入は最低限でいいから自由な時間がたっぷり取れる仕事はないかなという虫のいい話だった。普通、何の特技も資格もない人間は、単純に時間を切り売りするしか方法はない。その中で出来るだけ時間単価を上げるには人の嫌がる仕事しかないのだな。私が選んだのは八百屋さんの下働きで、朝一番市場から仕入れてきた野菜や果物を仕分けして古いものを先に店出しして、新しい物を冷蔵庫に仕舞う。またパックや袋づめしたりして午前中だけ働いた。午後は何をしていたかといえば、絵を描くつもりでいた。具体的に絵描きという生業をイメージしていたわけではない、漠然とただ漠然と絵を描いて生きて行きたいそう考えていた。
 当時私は京都の南の端の最寄りの駅からバスで30分もかかるような人里離れた田舎の農家の離れを借りて住んでいた。何故か厭世観が強く、世の中から隠れて潜んでいたいという願望が強かった。まぁもし仮にあのままあそこに住み続けて、アルバイトしながら絵を描いていても、それなりに何気ない日々(PERFECT DAYS)を送っていたのではないかと思う。そういう意味でかなり親近感を感じて観ていた。ただ基本的にはこうありたいと考える生活はあまり変わりなく、今も同じように何気ない日々(PERFECT DAYS)だと思う。
 昨年の春に約一か月京都で暮らしたことを思い出している。京都での日常はまぁ本当に淡々としたもので、朝起きて近所の公園まで散歩して体操して、コンビニで水を買って帰ってくる。簡単に朝ご飯を食べてスケッチブックと水彩の道具をつんで自転車で回っていた。夜はほとんどどこにも出かけないで本を読んで暮らしていた。何も特別なことはしないと決めていた。週末の土曜日は昔お世話になった関西美術院で裸婦クロッキーをして、最後の一週間はここで描いたスケッチも含めて会場で見てもらった。すこぶる楽しいPERFECT DAYSだったな。機会があれば他の町でも挑戦してみたい。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

天上の歌 f10部分 - 2023.12.23(未分類)


 夜半の寝覚(よわのねざめ)

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

老いる」F8 混成技法 - 2023.12.18(未分類)

「老いる」F8 混成技法
本人蔵
、、、、
 自分が年取って行くと不思議なことに関係している周りも同じように年取っていく。例えば馴染みのお店、よく利用する画材店、車の修理屋さんなどなど。毎年同じように利用させてもらって安心していたことが、いつの間にか閉店していた何てことが多くなった。
 表現する行為は自分を探って語る以外に方法をしらない。そう考えると「老いる」ことはまんざら悪い事ばかりではない。以前大病をした時にこれは得難い経験になると浅はかにも思った。確かに生きてかえって来たからいえる事だけれどね。
 老いることは誰も避けることはできない。誰もが平等に老いてゆく。誰もが初めての経験なのだ。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

2022「私はわたし」f0 今回の出品作ではありません。 - 2023.11.15(未分類)

はる 8223
2022「私はわたし」f0
今回の出品作ではありません。
、、、、
 ■2023年 11/18(土)~11/26(日)
第118回榎並和春個展
個展タイトル「ゆめのまにまに5」
 甲府・ハーパーズ・ミル
甲府市東光寺町1346
055-233-3157
・・・・・
 私には特別な才能はない。昔から芸術家といわれる人たちは何かしら他の人たちと違った特殊な才能があって、存在自体がもうすでに人と違っている、物語になるような特別な逸話がてんこ盛りである。代表的な例でいえばゴッホとかシーレとかカラバッチョなど殺人犯で逃げ回っていた。最近の例でいえばバスキアとかベーコンなどもそうだな。日本人なら最近なら草間彌生とか棟方志功などもどちらかといえばあちら側の人たちだ。そういった意味では全く常識人の範疇の中にいる。
 それでも若い頃は頑張ってそれ風な格好をして他の人との違いを演出していたときもあったけれど、メッキは自然に剥げて本来の常識的などちらかといえば保守的な部類の人間になってしまったな。まぁそれを後悔しているわけではないが。兄弟などに言わせると「お前のような普通の人間が芸術家であるはずがない」とこき下ろされる。まぁその通りだ。
 しかし、考えるに他の人と比べるために絵を描いているわけではない。常識の凡人にしか描けない絵を描けばいいと居直っている。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

2000「復活」ドローイング 10x10cm - 2023.10.19(未分類)
復活pn
はる 8196
 2000「復活」ドローイング 10x10cm
大学ノートに万年筆 ボールペン 修正インクなど
手術前か後か忘れたな。
評判がいいので調子に乗ってもう一つ。
当時の生文字もプレゼント。私の文字は記号か絵のようだな。ほとんど幼児が書くいたずら書きに似ている。小学校の通知表には毎回字を丁寧に書くようにと先生のコメントがついていた。言い訳すれば考えるスピードに書くことが追いつかないからだ。考えながら書くと、踊るように書かないと間に合わない。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

「つがい」23x15cmドローイング - 2023.10.09(未分類)

はる 8186 
 「つがい」23x15cmドローイング
 予約済
新潟 アートギャラリーHAFUにて展示中
https://www.facebook.com/profile.php?id=100051189616495
■2023年 10/1(日)~10/15(日)
 第117回榎並和春個展
個展タイトル「ゆめのまにまに4」
 新潟・ARTギャラリーHAFU
新潟市北区太夫浜1013-4
025-258-4515

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 「蝉しぐれ」再掲 - 2023.10.08(未分類)
写真4歳
はる 8185
古い写真が出てきた。1957,8年頃かな。母方の婆さんと姪っ子と私。門は他人の家のもの。
 思い出したが着ていたセーターはお袋が古い毛糸をほどいて染め直して再び編んだものだ。昔はそうやって何回もリサイクルしたものだ。懐かしい。もちろんズボンもお袋が仕立てたものだ。よそ行きで最高にお洒落している姿だな。肩から掛けているのはアルマイトの水筒。
・・・・
 「蝉しぐれ」再掲
・・・・ 両親の実家が淡路島にあった。今でこそ明石大橋が出来たので淡路島はリゾート地として有名だけれど、半世紀前は忘れられたような不便な田舎だった。しかし、子供にとっては掛け替えのない夢のようなワンダーランドだったな。夏休みといえば早々に宿題を片付けて、絵日記だけ持って取るものもとりあえず、兄弟でお世話になった。今から考えると迷惑な話だが、当時はそれが当たり前と思っていた。後日談。当時そこにはお袋の弟夫婦が暮らしていた。彼らには三姉妹の子供がいて静かに暮らしていた。そこに我々男どもがどやどやとやってきて、我儘放題に占拠する理不尽をなすすべもなく放任していた。大人になって当時の事をどう思っていたのか、恐る恐る聞いてみると夏休みは憂鬱だったそうだ。さもありなん。今更ながらごめんなさい。
田舎のおばあちゃんの家は昔ながらの日本の農家で、牛や馬、山羊などすべて一緒に生活していた。当然ながら独特の匂いがあったけれど、それが田舎独特の匂いで特に違和感はなかったな。一番閉口したのは風呂とトイレだな。風呂は五右衛門風呂って分かるかな、文字通り大きな鉄の釜で直接足が底に触れないように床にすの子を沈めて入るのだ。指一本でお湯が出る今のシステムバスとはまるっきり違う、超アナログの世界だ。トイレは今の子供たちでは絶対に使えないだろうな。外にあるのは農作業しながら使用するので当然だけれど、それが板をくりぬいただけの、何の飾りもないただの穴があるだけなのだな。その床下は見るのもおぞましい暗黒の世界だ。
 夜は真っ暗闇になる。この漆黒の暗さは今の日本では味わえない。夕食後は庭に床几をだして蚊取り線香をたいて、さんざめく虫の音を聞きながら寝転がって星空を眺めた。天の川がくっきりみえて流れ星などいくらでも観ることが出来た。
 古希すぎた最近の日常を考えてみると、当時の牧歌的な風景が無性に懐かしい。お盆も近い、蝉しぐれを味わいに帰省するか。
 

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

泉の奇跡」F20 混成技法 - 2023.09.26(未分類)
泉の奇跡F20pn
はる 8173
 2022「泉の奇跡」F20 混成技法
新潟ARTギャラリーHAFUで展示予定
■2023年 10/1(日)~10/15(日)
 10/1(日)在廊予定
第117回榎並和春個展
個展タイトル「ゆめのまにまに4」
 新潟・ARTギャラリーHAFU
新潟市北区太夫浜1013-4
025-258-4515
・・・・・・・・
「奇跡」という言葉をそれとは知らずに使っていたな。
ウィキペディア
奇跡は、人間の力や自然法則を超え、神など超自然のものとされるできごと。基本的には宗教および信仰と結びついていることが多い。 奇跡、miracleという表現はどちらかと言うとキリスト教などを中心として用いられる用語で、それに相当するような内容を仏教や神道では「霊験」と言い、たとえば「霊験あらたか」などと表現する。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

2023「子守唄」F6 混成技法 - 2023.09.19(未分類)
子守唄F6pn
2023「子守唄」F6 混成技法
新潟ARTギャラリーHAFUで展示予定
■2023年 10/1(日)~10/15(日)
 10/1(日)在廊予定
第117回榎並和春個展
個展タイトル「ゆめのまにまに4」
 新潟・ARTギャラリーHAFU
新潟市北区太夫浜1013-4
025-258-4515

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

1998「長い夜」F3 油彩 - 2023.07.11(未分類)

1998「長い夜」F3 油彩
麻布に 綿布 段ボールなどをコラージュ
・・・・・
 今の水性のアクリル混成技法(異なった成分の画材を混ぜ合わせた画法)になる前の油彩を使った試作作品。油性のキャンバスにやすりをかけて油分を薄めてその上からボンドで布や紙をコラージュしている。25年経ったけれど今のところ剥がれる様子は全くなく。しっかり画面と一体化している。

FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4569)
未分類 (251)
日記 (945)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (215)
作品 (585)
写真 (190)
今日のアトリエ (92)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (127)
you tube (115)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (11)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて