FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ドローイング1 - 2019.03.03(作品)

はる 6515
 
 物を観て描くクロッキーも楽しいけれど、なにも見ないで適当に筆を走らせて描くドローイングはもっと自由で楽しい。ただしこれも自分の中にあるモノしか出てこないという制限つきだ。だから見方によっては異様に恥ずかしいものだ。

 本画を描く時にこういった下絵のようなドローイングはほとんどしない。絵の醍醐味はぶっつけ本番の一本勝負のなかにあると思うからだ。下描きをしてしまうと本画はもぬけの殻になってしまう。

 ドローイングといえど真剣勝負に変わりはない。今回たまたま千代紙がコラージュされたものがあったので、その上にいたずら描きしてみたら、意外に面白いものができたので晒してみることにした。

 顔には目も鼻も口もない。指は何本あるのか。それでも観る人は母子像を感じてくれるだろう。それは観る人の中にある母子像なんだと思う。イメージを喚起することそれでいいと思っている。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
文字通り、その人の心の中の母子像を呼び起こす。という意味で使いました。

 
「イメージを喚起する」。心の中に新しい世界が立ち上がる、ということでしょうか。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4123)
未分類 (220)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (296)
写真 (105)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (103)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて