FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

- 2016.02.21(未分類)


はる 5440
 今日は二か月ぶりのクロッキーだった。先月は個展のため参加できなかった。長年やっているけれど、少しインターバルをおくと腕がついてゆかない。たったこれだけのことなんだけれど、されどものを観て描くエッセンスがすべて詰まっている。

 一本の線が引かれることで、そこに後ろの空間とぎっしり身の入ったものとの境界ができる。それもただの棒ではない、柔らかさを備えた限りなく優しい肉体なのだ。どこかが緊張してどこかが緩んでいるわけだ。それを瞬時に判断しなきゃならない。

 そこが面白いところかな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
不思議なもので、上手い線だと思った段階から崩れて行きます。意識が無意識で無くなるからです。難しいのう!

 
一本の線を引くむずかしさ、楽しさが分かります。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4123)
未分類 (220)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (296)
写真 (105)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (103)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて