あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

玄関口 - 2017.07.23(ポケットの窓から)


はる 5937
 李朝の箪笥というのは和箪笥と比べてざっとしているけれどこれがなかなか自分の好みにあう。和箪笥は江戸指物細工のように凄くきっちりとしていて木工細工としては世界的な水準に達しているように思うな。日本建築の柱の継ぎ手など本当に寄せ木細工のようで見ていて飽きない。こんなものをよく考えたものだと感心する。

 そういった和の細工物に比べると李朝の木工細工は大陸的というのか、実におおらかに出来ている。元々が半島が木が育ちにくい岩盤で出来ていることや厳しい風土、冬場の寒さなどの影響かと思われるのだが、暖房にオンドルなどを使うので木が変形するのかもしれない。そんなことから必ず床には直接置くようにはなっていない。などなど日本の箪笥とはちょっと違う異国風味があるな。そこがまたいいのだ。

 李朝の焼き物なども造形的にかなり豪快で、そこに一筆書きのような達筆な運筆で枯れ花がかかれていたりする。日本のやきものにも多大なる影響をあたえただろう。民芸などそのままかもしれん。いやもともと焼き物は朝鮮から陶工がわたってきて伝えたものだからな。茶室など朝鮮の古い民家そのものだもの。朝鮮民画なども好きだ。

 私の絵の方向はやがてはそこらあたりに行くのかもしれん。

comment(0)

今日のアトリエ - 2017.07.22(ポケットの窓から)



comment(0)

三原色地塗り - 2017.07.21(ポケットの窓から)


はる 5935
 昨日の続き。今までほとんど外には発信してこなかったので、ほとんどこのブログを知る方法がなかった。たまたま個展か何かで知り合ってブログの存在を知ってもらって読者のなってくれた方もいるだろうし、団体展のHPから訪ねてくれた方もいるだろうな。しかし、どちらも私という個人を知らなければここを知る方法がなかったわけだな。

 ネットの世界は一応世界中に開かれてはいるのだが、そういった意味ではかなり閉じられた世界ではないのかな。知る人は良く知っているけれど、それ以上なかなか広まって行かない。フェイスブックはその点知り合いがどんどん増えて行く。知り合いの知り合いは皆知り合いのように増えて行く。まぁそういった道具ではあるのだな。いい悪いはべつにして。

 そこでこういったブログも遅まきではあるけれど、積極的に告知するにはどうするのか考えた。不特定多数の他人にこのブログを知ってもらうきっかけが欲しい。という訳でいままで無視してきたけれどランキングというものに参加することにした。このブログの一番上のところに赤字でブログランキングと表記されている部分。こいつをクリックするとランキングがどんどん上がって行くというシステムらしい。ランキングが上がればより多くの人の目に留まるということだろうな。調べてみると昨日はこのランキングからこのブログに来た人が5人もいた。まぁ結構即効的な効果はあるわけだ。

 という訳でお暇ならランキングをクリックしてみてください。何も面白くはありませんが。。

comment(0)

イタリアンレストランコエン - 2017.07.20(ポケットの窓から)


はる 5934
 このブログはほとんど外に宣伝しなかったので、最近少し読者が減ってきたことが解析でわかった。そんなことが出来るんだな。誰が読んでいるのは分からないのだけれどね。まぁもっともこれは日記のようなモノなので自分の日々の確認のために書いているようなもので、誰かに見てもらいたいと思って書いているわけでもないのだけれどね。しかしまぁ、読者は多い方がやる気にもなるというものだ。

comment(2)

今日のアトリエ - 2017.07.19(ポケットの窓から)


はる 5933


comment(0)

今日のアトリエ - 2017.07.18(ポケットの窓から)


はる 5931
 新しく綿の布を貼って地塗りを始めたところ。模様に見えるのは元々は古い浴衣地であったものを再利用しているからだ。お袋が亡くなって箪笥を整理したら本当にたくさんの古着が出てきた。綿のさらしなど何巻もあった。それをそのまま処分してしまうのはもったいないのでそのまま再利用することにする。着物地や帯も利用できるものは何でも使う。有る物を工夫して使って行くというのが私のやり方だ。それはそれで面白いのだが、アトリエが古い布のケースでいっぱいになってきた。これはこれで困る。

 将来私が巨匠になってレントゲンで作品を透かして見た時に、いったいこれは何だったのかと問題になることは当然だろう。その時にこのブログの読者さんは決定的な証拠を提示できることになる。その時を楽しみにしている。

comment(2)

チェロ発表会 - 2017.07.17(ポケットの窓から)


20046815_1205434236252213_3353510091263374377_n.jpg
まぁたまにはいいか。師匠とのツーショット。仲間が撮ってくれたようです。 演目はオッヘンバックのDUO



 これは昨年演奏した演目だと思います。今年の作品はありませんでした。まぁ感じは似ています。
はる 5931
 今日はチェロの発表会でした。教室といってもみんなに会うのは発表会だけで一同に会する機会はこの時しかない。やぁ久しぶりという感じであうわけだ。師匠だけが全員に毎回あっているわけで、新しいメンバーが誰で誰が辞めたのかもわからない。そういうのも面白い。

 習い事の経験のある人はわかると思うのだが、毎回課題が与えられる。宿題みたいなものだな。レッスンが終わって最初の頃はまだやらなくてもいいかと怠け心がでる。そのうちにすこしさらっておくか、となって段々と憂鬱になって行く。レッスンの前の日あたりになるともう憂鬱の塊になる。そんなに嫌なら辞めればいいのだけど、ここを乗り越えなければまた同じことの繰り返しになる。

 まぁまた来年だな。

comment(2)

ポケットの窓から。 - 2017.07.16(ポケットの窓から)

なんとなく、慣れたかな。

comment(0)

森の生活 - 2017.07.15(写真)

夏本番。スマホからの投稿です。
はる 5929
 この森の中の一本道のような風景が好きなんですね。自分の家の庭ではなくて隣に住んでいた一人暮らしの爺さんが亡くなって私が一応管理している庭なんですが、半分は畑にして後は大きな樹をそのまま残している。年々大きくなって今は庭の半分を覆うような大木になってしまった。一応町中なのですがここだけ森の中のような風景です。

 自分の家を持って一番よかったのは好きなように住まうことが出来るということですね。借りた家ならそこのところに一応遠慮が生じますが、自分の持家ならどう住もうが私の自由ですね。そこのところが一番楽しいところだ。

 昔憧れた生活にソローの「森の生活」というのがあった。タイトルだけでもロマンチックだよな。内容はほとんど忘れてしまったけれど、昔々のヒッピーのバイブルのような「地球の上に生きる」というのもあったな。すごく浅はかだけれど、私の生活の芯になっているのはそんなところだな。

comment(0)

日日 - 2017.07.14(ポケットの窓から)


はる 5928
 内緒だがこの月曜日の海の日にチェロ教室の発表会がある。明日が最終の練習でここのところ毎日練習していますが、こればっかりは一夜漬けという訳にはいかないのですな。こういった技術的なものはそれこそ日々毎日やらなければ上手くはならない。才能以前の問題で、我々素人がやっていることに才能などほとんど関係ない。どのみち下手くそなのだから。それでももう何年もやっているのだから好きだという事かな。

comment(0)


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3316)
未分類 (202)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (141)
作品 (108)
写真 (39)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

designed by まて