FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

個展3日 - 2019.11.19(ポケットの窓から)






iPhoneから送信

comment(0)

個展3日目 - 2019.11.18(ブログ)
はる 6773
 またブログの調子が悪くて写メが飛びません。今日はここまで疲れました。明日は私は授業で3時過ぎに一度かをを見せる程度です。カミさんが在廊しています。私に御用の方は明日以降に来てください。すみません。

comment(0)

無伴奏 - 2019.11.17(作品)

はる 6772
 展示中

comment(0)

ポケットの窓 - 2019.11.16(ポケットの窓から)


はる 6771
 始まりました。。日が暮れてからは誰も来ないので、今年から6時までです。天気もいいので日がるうちにどうぞ。お待ちしております。


iPhoneから送信

comment(0)

ポケットの窓 - 2019.11.15(ポケットの窓から)


はる 6770
 今年の展示が終わりました。明日からです、よろしくお願いします。



iPhoneから送信

comment(0)

ポケットの窓 - 2019.11.15(ポケットの窓から)






iPhoneから送信

comment(0)

ヒグラシのなく頃 - 2019.11.14(作品)

はる 6769
 香港の悲惨な動画がツイッターで上がってくる。もう白昼堂々とショッピングモールなどに武装した警察官がライフルのような物をもって反対を唱える市民を捉えている。デモ隊など捉えてはこん棒のようなもので滅多打ちだ。圧倒的な勢力でもうどんな暴力でも罪に問われないことが分かっているようだ。まるで映画を見ているようだ。これが日本で報道されているのだろうか。

 いったんタガが外れるともうだれも止めることができない。これはもう戦争状態と言って過言では荷だろう。市民は何の武器を持たないのに、警察隊は完全武装だ。それにそれなりに武闘訓練を受けている。こういうの目の当たりに見ると、自由というのは本当に奇跡的なものなんだとおもえるな。どんな理想も夢も哲学も圧倒的な暴力には無力だ。

 香港の状態は他国のできごとではない。我々も放っておけば簡単に自由をおかされてしまうだろう。50年後100年後の日本の姿だ。

comment(2)

ポケットの窓 - 2019.11.13(ポケットの窓から)


はる 6768
 今日は定時制の授業。五時に夕飯がでて六時から授業が始まる。この給食も昔より随分内容がよくなった。同じ釜の飯を食うという言葉があるけれど、生徒と一緒に飯を食うというのはけっこう教育的にはいいことだと思うな。彼らは家庭的には恵まれていないやつが多いのだけれど、こうやって大人と同じテーブルで話しながら飯を食う。最初は何だか嫌だったけれど、今じゃ平気になった。

 同じ飯を食うということはそれだけではない。どうやっても仲間意識というのかな、親父と息子みたいな、疑似的な関係ができてくる。反抗的な人間は同じ釜の飯を食わない。食えない。これはたぶんすごくいいことなんだという気がするな。

 定時制独特の雰囲気があってね。これが許せないとうまく卒業できないのだな。まず同じ釜の飯を食う、ここからすべてがはじまるといって過言ではない。




iPhoneから送信

comment(0)

今日のアトリエ - 2019.11.12(ポケットの窓から)


はる 6767
 香港のデモの様子が段々と悲惨なものに変わってきた。警察が市民に平然と暴力を行うようになった。世界の目など何一気にしていない。人民解放軍がチベットなどに行う暴力とそっくりだ。プロとアマチュアほどの差がある。反対する者は人と思ってない。もうこれは戦争だな。国家権力の怖さというのが見て取れる。戦うには潜るしかないだろう。日本も今のところまだそれなりのお面をかぶっているけど、そろそろやばいぞな。圧倒的な暴力というのは恐ろしい。今のうちに叩いておかないとひどいことになる。 https://twitter.com/chowtingagnes   

iPhoneから送信

comment(0)

ポケットの窓 - 2019.11.10(ポケットの窓から)


はる 6765
 今週の終わりから個展が始まります。記念すべき第一回は1983年でした。大学を卒業して一度就職して一年で辞めて次の年に個展を開催した。暗中模索でまだ何者でもありません。このまま続けていいのか、どこに向かうのかそんなことも分からなかった。わかるはずもない。

 もう就職はしないと決めた。絵を描いてゆく。決めたことはそれだけ。それから37年たった。未だによくわからない。しかい、決まったことがある。もうこのまま続けるしか私の人生はないということ。


iPhoneから送信

comment(2)


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4003)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (164)
作品 (219)
写真 (66)
今日のアトリエ (81)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (31)
you tube (101)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて